iPhone6s、前面カメラ500万画素/背面カメラ1200万画素にそれぞれアップか

001a668a-s

スポンサーリンク

iPhone6s、前面カメラが500万画素に向上か

現行モデルiPhone 6において、前面カメラは120万画素のカメラセンサーが採用されていますが、最新「iPhone6s」ではこれが500万画素にアップされるとのこと。これは生産を担当している台湾フォックスコンからの内部リーク情報としてもたらされた情報です。

現在、セルフィー(自撮り)が世界的なブームを見せており、Android端末ではその流れを受けて1000万画素を越えたセンサーを前面カメラとして採用する機種も出てきています。その一方でiPhoneの前面カメラは中々変化を見せず、現状のカメラは2012年発売のiPhone5から採用されたものがそのまま変わらないままでいました

加えて、iPhone 6sでは背面カメラも現行モデルの800万画素から1,200万画素のカメラセンサー(ソニーExmor RS IMX220?)に変更されるといわれており、元々調査機関のカメラ性能ランキングで第3位を獲得するiPhoneのカメラ性能が、ますます優れたものになりそうです。

xperia_camera

iPhone6sはXperia Z4と並んで第3位

[via:9to5mac]

Twiiterフォロー
スポンサーリンク
関連ページ
スポンサーリンク