iPhone 7、高解像度ディスプレイとベゼルレスデザインのためタッチパネルを変更か

光学式手ぶれ機能有無の違いが判るiPhone 6s/6s Plus動画が公開

スポンサーリンク

iPhone 7、再び外付け型タッチスクリーンに変更か

少し前の情報ですが海外テクノロジーマスメディアDigitimesからのものとして、来年の発売が予定されているiPhone 7では現在のインセル型タッチスクリーンからの変更が予定されているとのことです。インセル型タッチスクリーンは2012年発売のiPhone5から採用されていました。

液晶パネルとタッチパネルが同梱されているインセル型は薄型化が可能となるものの、4Kディスプレイなどの高解像度化や、フチのないベゼルレスデザインへの対応が難しく、そのためiPhone 7ではiPhone 4s以来となる、液晶パネルと組み合わせて利用する外付け型タッチセンサーが採用される見込みであり、すでにメーカーからサンプル品がアップルに送られたとのこと。

再びの採用となる外付け型タッチパネルの現状の課題はインセル型並みの薄型化とのことですが、薄型化が達成した際には、今以上の高解像度ディスプレイの搭載や、さらなるベゼルレスデザインがiPhone 7では期待できるかもしれません。

[digitimes]

Twiiterフォロー
スポンサーリンク
関連ページ

フォローする

スポンサーリンク