ソニーモバイルの2020年7~9月期決算、95億円の営業黒字。前年同期比89億円の大幅増益

スポンサーリンク

ソニーモバイルの2020年7~9月期決算、95億円の営業黒字。前年同期比89億円の大幅増益

ソニーから、2021年3月期第2四半期(2020年7~9月)連結業績が発表されました。

好調さを示すソニーグループ

いわゆる巣ごもり需要を背景に、ゲームソフトや音楽配信の売り上げが大きく伸びたことが後押し、好調な数字が並ぶものに。

同期における同社全体の売上高は前年同期比0.004%減となる2兆1135億円、営業利益が同14%増の3187億円、当期純利益は同145%増の2717億円となっています。

前年同期比89億円の大幅増益

さてXperiaを扱うモバイル・コミュニケーション部門(エレクトロニクス・プロダクツ&リューション分野内)に関心を向けると、営業利益は95億円の黒字を計上。

第1四半期(2020年4~6月)から続いての大幅増益(前年同期比で89億円)となっており、引き続きモバイル部門の経営状況の良さがうかがえます。

EP&S分野全体も好調

くわえてエレクトロニクス・プロダクツ&リューション(EP&S)分野全体の当四半期の売上高は5,047億円。同営業利益は前年同期比126億円増の540億円と、こちらも好調。

また通期見通しについては、1兆8700億円の売上高はそのままに営業利益を前回から70億円増となる670億円に上方修正。

これについては、「為替の好影響により」とのこと。

なおソニーモバイルの2020年度通期決算は、黒字見込みとなっています。

【関連記事】

ソニーモバイル、2020年度通期は黒字決算の見込み。2016年度以来の通年黒字に 先日開催されたソニー20...
ソニーモバイルの20年第1四半期決算、110億円の営業黒字。前年同期比100億円の大幅増益 ソニーから、2021年...
Twiiterフォロー
スポンサーリンク
関連ページ

フォローする

スポンサーリンク