噂:新型iPad 向けにアップルが「A14X」を開発中。新型Macには3種類のチップが開発中

スポンサーリンク

噂:新型iPad 向けにアップルが「A14X」を開発中。新型Macには3種類のチップが開発中

・新型 iPad Air 4 の予想デザイン

リーカーのLonghorn氏から、アップルが開発を進めるチップセット(SoC)の情報が伝えられています。

Appleが開発を進めるチップセット

氏によれば、現在アップルはMac向けに3種類(正式名称不明 / コードネームt6000/6001/6002)、iPhone 向けに1種類(A14 / 同t8101)Apple Watch向けに1種類(S6 / 同t8301)、そしてiPad向けに1種類(A14X / 同t8103)を開発しているとのこと。

現在、新型iPadとしては3種類のモデル「iPad Air 4」「iPad mini 6」「iPad Pro 5」の開発が伝えられていますが、今回のA14Xチップセットがどの新型モデルに搭載されるのかは不明。

なお現行モデルの搭載チップとしては、iPad Air (第3世代)がA12 Bionic、iPad mini (第5世代)も同じくA12 Bionic、そしてiPad Pro(第4世代)はA12Z Bionicをそれぞれ積載するものとなっています。

【関連記事】

ミニLEDディスプレイ搭載の「iPad Pro 5」、ディスプレイはLGが供給。2020年Q4発売 ...
アナリスト「10.8型 iPad Air が今年後半、8.5型iPad mini が2021年に発売。新型20W充電アダプター同梱」 ...

SOURCE:TWITTER(上掲)

Twiiterフォロー
スポンサーリンク
関連ページ

フォローする

スポンサーリンク