米大手経済メディア記者「新型iPad Pro搭載のA14Xチップは、M1チップと同等の性能を持つ」

スポンサーリンク

米大手経済メディア記者「新型iPad Pro搭載のA14Xチップは、Mac M1チップと同等の性能を持つ」

アメリカの大手経済メディア・ブルームバーグの記者、マーク・ガーマン氏によれば、アップルは今年発売の「iPad Pro 最新モデル」において、現行モデルから大幅なCPU性能のアップグレードを成し遂げるとのこと。

M1チップと同等

ガーマン氏は、今回のiPad Proにて搭載されるチップセット「A14X」の性能を、「最新型Macで採用されたM1チップと同等」としています。

現在のiPad Proでの搭載チップは「Apple A12Z」。これは2018年に発表された「Apple A12X」のマイナーチェンジチップであり、A12Xで無効化されていた1つのGPUを有効化したに過ぎないSoC。

いずれにしろ、今回登場のiPad Proでは、大幅なCPU性能の向上が期待できそう。これまで噂されていた、「iPad OSでのFinal CutPro・Logic Proの使用」がついに可能となるのでしょうか。

新型「iPad Pro 第5世代」は、今年3月の発表が噂されています。

SOURCE:YOUTUBE(上掲)

Twiiterフォロー
スポンサーリンク
関連ページ

フォローする

スポンサーリンク