噂:MacアプリをiPadで使うには「A12X以上」かつ「メモリ4GB以上」が必要に。iPhone・iPad・Mac各アプリのユニバーサル化に絡み

スポンサーリンク

噂:MacアプリをiPadで使うには「A12X以上」かつ「メモリ4GB以上」が必要に。iPhone・iPad・Mac各アプリのユニバーサル化に絡み

先のBloombergの報道によれば、2021年にはiPhone、iPad、Macのアプリがユニバーサル化され、OSに関係なくアプリが使えるようになります。

期待が膨らむ話ですが、この話に絡み情報提供者のkomiya_kj氏が、MacアプリをiPadで使うためのスペック情報を提供しています。

Macアプリを使うための最低スペック

komiya氏によれば、Macアプリを使うには、iPad側にメモリが最低4GB、チップセットはiPad Pro 第3世代(2018年10月発売)で搭載された「A12X」以上が必要に。

そして推奨スペックとしては、メモリ6GB以上が必要になるとのこと。

この「A12X以上」かつ「メモリ6GB以上」というスペックですが、現行モデルでは「12.9インチiPad Pro (第3世代) 1TBモデル」「12.9インチiPad Pro (第4世代)」「11インチiPad Pro (第2世代)」「11インチiPad Pro (第1世代) 1TBモデル」が相当します。

SOURCE:twitter.com

Twiiterフォロー
スポンサーリンク
関連ページ

フォローする

スポンサーリンク