カプコンのミニアーケード機「Retro Station」がリーク。8インチ&高音質スピーカーで、なつかしのアーケードゲームを楽しむ

スポンサーリンク

カプコンのミニアーケード機「Retro Station」がリーク。8インチ&高音質スピーカーで、なつかしのアーケードゲームを楽しむ

カプコンのミニアーケード機「Retro Station(レトロステーション)」が、Amazon.co.jpにて公開されました。

『ストリートファイター』シリーズから5本、『ロックマン』シリーズから5本、計10本のなつかしゲームが搭載されるものとなっています。

カプコンはこの「レトロステーション」をまだ正式には発表していませんが、すでにAmazonの商品ページからいくつかの製品スペックが明らかになっています。サイズ329mm×280mm×315mm、重さ2.1kg。超重低音高音質スピーカーを備え、ディスプレイは8インチ液晶、4:3アスペクト比、解像度1024×768。ほかHDMI端子からのビデオ出力(720p)に対応、無線ドングルにて本機を接続し2人対戦をすることも可能。

なかなかの高性能デバイスとなっているようです。

・レトロ感漂う製品デザイン

同梱されている「ロックマン」と「ストリートファイター」のアーケードゲーム10タイトルは、以下の通り。

【ロックマンシリーズ】

・ロックマン ザ・パワーバトル

・ロックマン2 パワーファイターズ

・ロックマンX

・ロックマンサッカー

・ロックマン&ベース(日本版)

【ストリートファイターシリーズ】

・ストリートファイターII

・ストリートファイターII チャンピオンエディション

・スーパーストリートファイターII

・スーパーストリートファイターIIターボ

・スーパーパズルファイターII ターボ

本体価格は21,780円。またサイトSiliconeraよると、「レトロステーション」の開発はNEOGEOミニの開発を担当した玩拓が担当するとのこと。

リンク:amazon.co.jp

参考元:siliconera.com

Twiiterフォロー
スポンサーリンク
関連ページ

フォローする

スポンサーリンク