Galaxy Note10 Plus、S10+と同じ1200万画素カメラセンサーを採用。2020年のS11からは新センサーに

スポンサーリンク

Galaxy Note 10・10 Plusは、S10+と同じ1200万画素カメラセンサーを採用。2020年のGalaxy S11からは新センサーに

これまでのところ、メインカメラのスペック情報がリークされていなかったサムスン新型「Galaxy Note 10」「Galaxy Note 10 Plus」ですが、リーカーIceUniverse氏によりスペックが明らかになっています。

この新型機種で使われるメインセンサーは「S5K2L4」。Galaxy S10でも採用されたカメラセンサーであり、スペックは1200万画素、1/2.55型、1.4um

ただ同じセンサーが採用されるとはいえ、Galaxy Note 10では新たなカメラ機能が搭載される とのこと (詳細不明)。

・Galaxy S11からは、新型センサーが採用される

なおこれまでずっと同じセンサーが用いられてきたGalaxy ハイエンド機ですが、Ice氏によれば、2020年発売のGalaxy S11からは新たなカメラセンサーが採用されるとのこと。

サムスン開発の6400万画素センサーや4800万画素センサーの搭載など、期待させる話となっています。

Twiiterフォロー
スポンサーリンク
関連ページ

フォローする

スポンサーリンク