Galaxy Note20+、メインカメラのスペックがリーク。1億800万画素+1300万画素望遠+1200万画素超広角+レーザーフォーカスセンサー。著名情報提供者より

スポンサーリンク

Galaxy Note20+、メインカメラのスペックがリーク。1億800万画素+1300万画素望遠+1200万画素超広角+レーザーフォーカスセンサー。著名情報提供者より

著名情報提供者Ice Universe氏より、サムスンの新型スマートフォン「Galaxy Note20+」メインカメラのスペック性能がリークされています。

Galaxy Note20+、メインカメラのスペックがリーク

それによれば、Galaxy Note20+は4眼クアッドカメラ構成。それぞれ、1億800万画素メイン(HM1)+1300万画素望遠(3M5)+1200万画素超広角(2L3)+レーザーフォーカスセンサー。

先のリーク情報の通り、オートフォーカス性能を高めるためにToFセンサーに代わってレーザーフォーカスセンサーが搭載されています。またスペースズームは100倍から50倍にダウン。加えて望遠カメラはGalaxy S20 Ultraの4800万画素に代わり、1300万画素となりました。

そのほか、各カメラセンサーのセンサーサイズは1/1.33型(メイン)+1/3.4型(望遠)+1/2.55型(超広角)となっています。

【関連記事】

噂:Galaxy Note20+は新たに「レーザーオートフォーカスセンサー」を搭載、ToFセンサーは廃止。オートフォーカス性能アップのため。...
Twiiterフォロー
スポンサーリンク
関連ページ

フォローする

スポンサーリンク