噂:Galaxy Note20+は新たに「レーザーオートフォーカスセンサー」を搭載、ToFセンサーは廃止。オートフォーカス性能アップのため。スペースズームは50倍にダウン

スポンサーリンク

噂:Galaxy Note20+は新たに「レーザーオートフォーカスセンサー」を搭載、ToFセンサーは廃止。オートフォーカス性能アップのため。スペースズームは50倍にダウン

リーク情報によれば、サムスンは新型「Galaxy Note20+」において、今春発売のGalaxy S20 Ultraのカメラ機能を引き継ぎつつ、この機種で寄せられたクレームに対応するためな様々な改善を行うようです。

ToFセンサーに代わる新たなセンサーの搭載

まず第1に挙げられるのがToFセンサーの廃止。

これはS20 Ultraで寄せられた「オートフォーカス性能の弱さ」に対応するためで、代わりに新センサー「レーザーオートフォーカスセンサー」が搭載されることに。

一方、メインセンサーが1億800万画素であることは変わりません。そして最後、画質面で批判が寄せられていた100倍スペースズームは50倍までに制限されるようです。

SOURCE:phonedog.com

Twiiterフォロー
スポンサーリンク
関連ページ

フォローする

スポンサーリンク