噂:新型Galaxy S11では、1億800万画素カメラと5倍光学ズームが搭載される。すでに量産開始済み

スポンサーリンク

噂:新型Galaxy S11では、1億800万画素カメラと5倍光学ズームが搭載される。すでに量産開始済み

サムスンが2020年前半に発売予定の新型スマートフォン「Galaxy S11」。そのカメラ性能がレポートされています。

それによれば、この新型デバイスではサムスンのスマートフォンとして初めて、光学5倍ズームモジュールを採用。モジュールはサムスンエレクトロマシン製で、すでに5月から生産が開始されています。

サムスンエレクトロニクスは近年、規模を拡大しており今年はイスラエルの大手メーカーCorephotonicsを買収。Oppoの5倍光学ズームにも、同社のモジュールが採用されているとのこと。

・サムスン瀬1億800万画素カメラの搭載も?

ほか、Galaxy S11では3DセンシングToFモジュールに加え、1億800万画素カメラの搭載も伝えられました。

コチラは今年8月、サムスン電子のシステムLSI部門が業界で初めて1億800万画素イメージセンサーを開発しており、可能性として十分ありそうな話ではあります。

情報元:sammobile

Twiiterフォロー
スポンサーリンク
関連ページ

フォローする

スポンサーリンク