「Galaxy Tab S7」の本体デザインがリーク。11型・OLED・デュアルカメラ。著名情報提供者から

スポンサーリンク

「Galaxy Tab S7」の本体デザインがリーク。11型・OLED・デュアルカメラ。著名情報提供者から

サムスンが開発を進める、新型タブレット「Galaxy Tab S7」「Galaxy Tab S7+」。新たに、Galaxy Tab S7の本体デザインがリークされました。

情報提供者@OnLeaks氏によりリークされた本体デザインなので、ほとんど正確なものだと思われます。

Galaxy Tab S7のデザインのようす

11インチディスプレイを備えるGalaxy Tab S7。そのサイズは253.7 x 165.3 x 6.3mmと、現行Galaxy Tab S6はもちろん、iPad Pro 11インチよりも大きいものに。

タブレット背面の左上スミには、垂直デュアルカメラと、LEDフラッシュを確認。一方で底面部分には、2つのスピーカーグリルとUSB-Cポートが存在。

11.0インチディスプレイはOLEDパネルを採用。Sペンにも対応します。

・こちらはレンダリング動画

【関連記事】

Galaxy Tab S7 が3C認証通過。バッテリー容量7760mAhが明らかに サムスンの新型タブレッ...
新型「Galaxy Tab S7+」、Bluetooth SIG認証通過。先日のWi-Fi アライアンス認証通過に続いて ・現行「...

ソース:pigtoucoques

Twiiterフォロー
スポンサーリンク
関連ページ

フォローする

スポンサーリンク