新型「Galaxy Watch4」、新チップExynos W920搭載 ストレージ容量も2倍となり、スマホ向けアプリが使えるように

スポンサーリンク

新型「Galaxy Watch4」、新チップExynos W920搭載 ストレージ容量も2倍となり、スマホ向けアプリが使えるように

韓国サイトの最新レポートによると、サムスンの新型スマートウォッチ「Galaxy Watch4 Classic」「Galaxy Watch4 Classic」では、ウェアラブル向けの新しいチップセットExynos W920が搭載され、より優れた性能とエネルギー効率が実現されるとのこと。

くわえて、ストレージ容量も旧モデル比で2倍になる模様。すなわち、Galaxy Watch3シリーズの内蔵ストレージは8GBでしたが、Watch4では16GBとなります。

ストレージ増量によるメリット

これにより、ウェアラブルアプリ用のGoogle Playストアが開放されることとなり、ユーザーはオーディオトラックなどに加えて、より多くのアプリを保存できるようになります。

以前、サムスンがWear OSをベースにした「One UI」を発表した際、同社は、Wear OSであれば、スマートフォンのすべてのアプリがGalaxy Watchでも利用できるようになると説明していました。

どこまでスマホに近い使い方ができるようになるのか、今後登場するGalaxy Watch4シリーズでの「進化」に期待したいところとなっています。

Source

Twiiterフォロー
スポンサーリンク
関連ページ

フォローする

スポンサーリンク