台湾紙報道、iPad Pro 5搭載の新チップ「A14X」は2020年Q4に生産開始。5nm製造プロセス、12インチMacBookにも搭載

スポンサーリンク

台湾紙報道、iPad Pro 5搭載の新チップ「A14X」は2020年Q4に生産開始。5nm製造プロセス、12インチMacBookにも搭載

台湾の通信業界向けシンクタンク・マスメディアDigiTimesによると、アップルの新型チップセット「A14X」は、2020年Q4(第4四半期、10月~12月)にも量産が開始されます。

A14X」は2020年10月以降、生産開始

この新型プロセッサは、5nm製造プロセスを用い、新型「Apple Silicon Mac」と同「iPad Pro 5」にて搭載。製造は台湾セミコンダクター・マニュファクチャリング(TSMC)が担当し、月産5,000〜6,000ウェーハを予定。

12インチ MacBook・iPad Pro 5などで搭載

また台湾の大手日刊紙チャイナタイムズのレポートよると、このA14Xを採用する初めてのApple Silicon Mac は、「12インチ MacBook」。この新型MacBookではバッテリー駆動時間が15〜20時間にも達し、超軽量ボディを誇るものに。

同じくチャイナタイムスの以前のレポートによれば、新型「iPad Pro 5」は2021年発売。5G通信に対応するほか、画質の美しさと省電力性を兼ねそろえた「ミニLEDディスプレイ」をタブレットとして初めて搭載します。

・こちらは9/16の発表が期待される、新型「iPad Air 4」の予想デザイン

【関連記事】

「iPad Air 4」の新たな説明書がリーク 先日、本体画像を含む説明書がリークされたアップルの新型タブ...
台湾紙報道:2021年発売の新型「iPad Pro 5」は、ミニLEDディスプレイを搭載する初めてのタブレットに。パネル供給元は台湾AUO ...

SOURCE:macrumors.com

Twiiterフォロー
スポンサーリンク
関連ページ

フォローする

スポンサーリンク