ミンチー・クオ「iPhone 12は、iPhone 4のようなデザインになる」

スポンサーリンク

ミンチー・クオ「iPhone 12は、iPhone 4のようなデザインになる」

iPhone 11 Proシリーズ

2020年に発売される新型iPhone「iPhone 12(仮)」は、デザイン面の大幅な変更が予想されています。

今回新たに、アップル関係の信頼おけるアナリスト、TF International Securities のミンチー・クオ氏から最新レポートが報告されました。

・iPhone4のようなデザインに

クオ氏によれば、次の通り。

・2020年に発売される新型iPhoneは、デザインがこれまでのものから変更される

・金属フレーム、および前面・背面のガラス素材を使用するという点は変わらない

・ただ金属フレームのデザインが変わり、(現在の曲面あるものではなく。直線的で角ばった)iPhone4のようなデザインになる

・金属フレームは溝が設けられ、その上にサファイアガラスか強化ガラスが覆う形となる

iPhone 4

・コストの上昇が起こる

一方、このデザインの変更はコストの上昇を伴うようで、結果、金属フレームとガラスケースのコストが大幅に上昇。それぞれ最大50〜60パーセントと40〜50パーセント増加するとのこと。

2020年の新型iPhoneにおいては、そのほか「3モデル全てでの5G対応」「ToFセンサーの追加」「画面サイズの変更」といったことが伝えられています。

情報元:macrumours

Twiiterフォロー
スポンサーリンク
関連ページ

フォローする

スポンサーリンク