光出力量が2倍!新型「LG G7 ThinQ」は、ディスプレイの明るさ・性能の高さが売り! 

スポンサーリンク

光出力量が2倍!新型「LG G7 ThinQ」は、ディスプレイの明るさ・性能の高さが売り!

5月2日・ニューヨークでの製品発表会を前に、韓国LGは次世代プレミアムスマートフォン「LG G7 ThinQ」における、新型液晶ディプレイ(LCD)の性能をアピールしています。

昨年の高性能スマートフォンV30においては、世界初となる10ビットHDRイメージセンサーを搭載してきた同社ですが、またも画期的な商品展開を行っているようです。

・明るさ出力2倍。1,000ニットの明るいHDRディスプレイ

最大1,000ニットの明るさが特徴となっている、 LG G7におけるHDRディスプレイ。LGの最新LCDテクノロジー「スーパーブライトディスプレイ」により、LG G6よりも30%消費電力を削減しながら、光出力量が2倍となりました。それにより「日差しの下など、あらゆる照明条件でも携帯電話を操作できる」とのこと。

そのほかの特徴としては、6.1インチ、QHD +(3120 x 1440ピクセル)解像度、握りやすさを追求した縦長アスペクト比19.5:9、DCI-P3カラースペースの100%カバーなど。

さらに、LG G7 ThinQでは、使用環境に応じてディスプレイの色調が自動で補正。オート、エコ、シネマ、スポーツ、ゲーム、エキスパートなど、異なる6つのスクリーンコンテンツが楽しめるそうです。

・ディスプレイセッティングの様子

これまでにおける、LG G7 ThinQの噂スペックは以下の通り。

・LG G7 ThinQのスペック

OS:Android 8.0

チップセット:Snapdragon 845

メモリ:4GB

ストレージ:64GB

画面サイズ:6.1インチ

ディスプレイ解像度:QHD +(3120 x 1440ピクセル)

メインカメラ:デュアルカメラ、AI機能搭載

前面カメラ:不明

その他:ThinQ(think)の名前通り、「AI機能」の搭載がセールスポイント

参考:Android POlice

Twiiterフォロー
スポンサーリンク
関連ページ

フォローする

スポンサーリンク