「HTC U12+」まとめ情報5つ。歴代2位高性能デュアルカメラ・透明ボディ

スポンサーリンク

7/20発売!高性能デュアルカメラと透明ボディ、「HTC U12+」についてのまとめ情報

【更新情報】

7/16:「①:「HTC U12+」の本体画像」「③:両面デュアルカメラ。DXOMARK歴代2位の高性能カメラ」

New➾①:「HTC U12+」の本体画像。スケルトンボディ

・本体画像

・トランスルーセントブルー

なつかしのスケルトンデザイン。背面が透けている。

・セラミックブラック

・フレームレッド

②:「HTC U12+」のスペックと「U11」との比較表

・「HTC U12+」と「HTC U11」のスぺック比較表

機種 HTC U12+ HTC U11
価格・発売日など
発売日 7月20日発売 発売中
本体価格 9万5000円 7万5000円ほど
キャリア SIMフリー SIMフリー
基本性能
OS Android 8.0 Android 7.0
画面 6.0型Super LCD5、18:9アスペクト比 5.5型Super LCD5、16:9アスペクト比
明るさ HDR10 通常
HDRコンテンツ 対応 非対応
画面本体比 80.3% 71.4%
画面密度 537ppi 534ppi
ガラス ゴリラガラス5
解像度 2880×1440

WQHD+

2560×1440

WQHD

チップセット Snapdragon 845 Snapdragon 835
Antutuスコア 25万点ほど 17万点ほど
メモリ 6GB 4GB
容量 128GB 64GB
SD 400GB 400GB
防水 IPX5,8 IPX5,7
防塵 IP6X IP6X
メインカメラ 
画素数 1200万画素+1600万画素 1200万画素
センサーサイズ 不明 不明
F値 F1.75+2.6 F1.7
ISO 不明 不明
動画 4K30fps撮影 4K30fps撮影
スローモーション 不明 1080P120fps
手振れ 光学式 光学式
前面カメラ 
前面カメラ 800万画素+800万画素、F2.0、高視野角84度 1600万画素、ライブ・メイクアップ、セルフィーパノラマ撮影、F2.0
手振れ方式 不明 不明
動画 フルHD 1080p フルHD 1080p
通信
VoLTE 対応
〇対応 〇対応
Wi-Fi a/b/g/n/ac a/b/g/n/ac
通信速度 下り最大1174Mbps(理論値) 下り最大1000Mbps(理論値)
ブルートゥース 5.0 5.0
LTEバンド帯 B1/2/3/4/5/8/

11/12/13/17/

18/19/21/26/28/

38/41/42

B1/2/3/4/5/

8/11/12/13/

17/19/21/26/

28/38/41

サイズ・重さ・バッテリー
サイズ 155×74×

7.9mm

154×76×

8.3mm

重量 188g 170g
バッテリー 3500mAh 3000mAh
USBポート USB-C、USB 3.1、SuperSpeed(Gen 1)
USB転送速度 5Gbps 5Gbps
サウンド HTC Uソニック HTC Uソニック
充電時間 不明 100分
ボディカラー トランスルーセントブルー、セラミックブラック、フレイムレッド サファイアブルー、ブリリアントブラック
テレビ ワンセグ×/フルセグ× ワンセグ×/フルセグ×
おサイフケータイ 不明
ハイレゾ再生
連続通話時間 (U11はau版)
LTE 不明 1220分
3G 不明
GSM 不明
連続待受時間 (U11はau版)
4GLTE 不明 320時間
3G 不明
GSM 不明
電池持ち (U11はau版)
実使用時間 測定中 80時間

なおHTCが18年にリリースする高性能スマホは「HTC U12+」のみで、「HTC U12」はリリースされないと噂されています。

理由は下の「③:HTC、18年は数機種のみのリリースに」「④:HTCは今後、中国向け低~中価格帯スマホを中心に。『HTC U12』は発売無し」

・プロモーションビデオ

https://youtu.be/yWb-TkxQBR4

New➾③:両面デュアルカメラ。DXOMARK歴代2位の高性能カメラ

・メインカメラもフロントカメラもデュアルカメラ!

メインカメラは1200万画素+1600万画素。フロントカメラは800万画素+800万画素の両面デュアルカメラ。

一眼レフのようなボケ写真撮影が、メインカメラでもフロントカメラでも可能となっています。

・DXOMARKによる調査結果;スコア歴代2位

カメラ調査機関「DXOMARK」によるスコアテストでは、ファーウェイ P20 Proに次ぐ歴代2位スコア「総合 103点」を記録。古豪HTCの実力を見せる。

総合:103点

【写真】:106点

良いところ

・速くて正確なオートフォーカス

・正確なホワイトバランス

・正確な露出と広いダイナミックレンジ

・すぐれたディテールとテクスチャ保存

・自然で魅力的なボケ撮影

悪いところ

・HDR画像でのうそっぽさ

・低光撮影での目に見えるノイズ

・屋内および低光で遠距離中距離ズーム撮影をするとディテールが損なわれる

【ビデオ動画】:95点

良いところ

・効果的な手振れ防止

・優れたトラッキングと正確なオートフォーカス

・鮮やかなホワイトバランスと色

・すぐれた露出とダイナミックレンジ

・低レベルのノイズ

悪いところ

・屋内だとホワイトバランスが不安定になる

・低光でのディテールの喪失

・HDR撮影では露出がオーバーハイライトになり、明るすぎる

・片手で簡単操作「Edge Sense(エッジセンス) 2」

握っただけで、さまざまな操作が可能な便利機能「Edge Sense(エッジセンス)」

④:HTC、18年は数機種のみのリリースに

台湾の経済マスメディア、DIGITIMESが報道。

すぐれたスマートフォンを提供することで知られるHTCだが、収益状況は近年、悪化の一途をたどっています。2016年度には、ここ11年で過去最低の収益を記録しました。

その影響から、同社は2017年、高性能スマートフォン「Pixel」開発チームをGoogleへ売却。2018年のHTCスマートフォンはこれまでより少ない、数機種のみのリリースになるといいます。

参考: Digitimes

⑤:HTCは今後、中国市場向け低~中価格帯スマホを中心にリリース。そのため「HTC U12」は発売されず

HTCのチャンCEOが、インタビューで今後の同社の方向性を述べています。

・スマートフォンでは、これまでと同じく少数精鋭のモデル展開でリリースしていく

・しかし現在の「HTC U Ultra」「HTC U11」「HTC U11+」など、高性能モデルの積極展開は取りやめる

・中国ユーザー向けに、300ドル(約3万4500円)程度の中~低価格帯モデルのリリースが中心になる

・高性能モデルでは、デュアルカメラを搭載させる

またこれらから、「HTC U12」はHTCが18年にリリースする高性能スマホは「HTC U12+」のみで、「HTC U12」はリリースしないと噂されています。

Twiiterフォロー
スポンサーリンク
関連ページ

フォローする

スポンサーリンク