5/23発表「HTC U12+」まとめ情報。6.0型デュアルカメラ・スクイーズ操作

スポンサーリンク

18年発売、デュアルカメラな「HTC U12+」についてのまとめ情報

【更新情報】

5/23:「①:18年5月発表、高性能「HTC U12+」のスペック」

①:18年5月発表、高性能「HTC U12+」のスペック

正式発表前に、HTC  U12+の詳細なスペックがリーク。

・本体画像

・HTC U12+のスペック

発表:5月23日(現地時間)

発売日:5月下旬~6月初旬

ーーー

OS:Android 8.0

チップセット:Snapdragon 845 2.60GHz

メモリ:6GB

ディスプレイ:6.0インチSuperLCD 6、 明るさHDR10、アスペクト比18:9

色域:DCI-P3

ガラス:Gorilla Glass

解像度:2880 × 1440 QHD ピクセル

画面密度:537ppi

ストレージ:64GB / 128GB

micro SD:最大2TB

カメラ:1200万画素広角カメラ+1600万画素望遠カメラ(デュアルカメラ)、デュアルトーンLEDフラッシュ、光学手振れ補正、ウルトラスピードオートフォーカス(PDAF+ レーザーAF) 、4K60fps動画撮影、240fpsスローモーション(フルHD)、1.4μm+1.0μm、ボケ撮影(ポートレートモード)

光学ズーム1.85~2倍

デジタルズーム:最大10倍

メインカメラF値:F1.75+F2.6

前面カメラ:800万画素、F2.0、広角84度、ボケ撮影(ポートレートモード)、フルHD撮影

バッテリー:3500mAh

サイズ:156.6 × 73.9 × 8.7~9.7mm

重さ:188g

防水防塵:IP68

USB:3.1 Gen 1、Type-C

認証センサー:指紋スキャナ

オーディオ:ステレオスピーカー

操作:Squeeze操作

なおHTCが18年にリリースする高性能スマホは「HTC U12+」のみで、「HTC U12」はリリースされないと噂されている。理由は下の「②:HTC、18年は数機種のみのリリースに」「③:HTCは今後、中国向け低~中価格帯スマホを中心に。『HTC U12』は発売無し」

②:HTC、18年は数機種のみのリリースに

台湾の経済マスメディア、DIGITIMESが報道。

すぐれたスマートフォンを提供することで知られるHTCだが、収益状況は近年、悪化の一途をたどっている。2016年度にはここ11年で過去最低の収益を記録した。

その影響から、同社は2017年、高性能スマートフォン「Pixel」開発チームをGoogleへ売却。2018年のHTCスマートフォンはこれまでより少ない、数機種のみのリリースになるという。

参考: Digitimes

③:HTCは今後、中国市場向け低~中価格帯スマホを中心にリリース。そのため「HTC U12」は発売されず

HTCのチャンCEOが、インタビューで今後の同社の方向性を話す。

・スマートフォンでは、これまでと同じく少数精鋭のモデル展開でリリースしていく

・しかし現在の「HTC U Ultra」「HTC U11」「HTC U11+」など、高性能モデルの積極展開は取りやめる

・中国ユーザー向けに、300ドル(約3万4500円)程度の中~低価格帯モデルのリリースが中心になる

・高性能モデルでは、デュアルカメラを搭載させる

またこれらから、「HTC U12」はHTCが18年にリリースする高性能スマホは「HTC U12+」のみで、「HTC U12」はリリースしないと噂されている。

Twiiterフォロー
スポンサーリンク
関連ページ

フォローする

スポンサーリンク