新型「iMac(2021)」、リークスペックまとめ。リニューアルデザイン&新チップ「Apple M2」

スポンサーリンク

新型「iMac(2021)」、リークスペックまとめ

出典元:MacRumours

2021年春以降の発売が期待されている、新型「iMac(2021)」のまとめ情報ページです。

更新情報

2/27:「⑤:2022年モデルでは「FaceID」を搭載」

2/9;「④:予想デザイン」

①:新デザインのiMacが2021年登場

・iMac(2021)のポイント

発売時期:2021年

特徴:

①:新デザインを採用。

②:チップセットに独自SoC「Apple M2(仮)」を搭載

大手メディアBloombergによると、アップルは現在、新型「iMac(2021)」を開発中。

この新型モデルは、数年ぶりに新デザインを採用するのが大きな特徴。

それはAppleが2019年にリリースした「ProDisplayXDRモニター」のように、ディスプレイのベゼルが狭くなり、画面下面の金属製「アゴ部分」が存在しないスマートなデザインになることが予想されている。

・予想デザイン

出典元:MacRumours

出典元:MacRumours

②:23-24インチモデル、32インチモデルが登場

同じくBloombergによれば、この新型iMacは「23-24インチモデル」と「32インチモデル」が登場するとのこと。

③:搭載されるAppleシリコン「Apple M2」

リーク情報によれば、アップルは現在、新型iMac・MacBook Pro向けに、より高速かつ高性能な次世代Appleシリコンチップ「Apple M2」を開発中。

この「Apple M2」は20コア仕様。さらにはMac Pro用Appleシリコン「Apple M3」 は32コアになる様子。

加えて16コア~128コアのGPUも開発されているとのこと。

New→④:予想デザイン

これまでのリーク情報を元に作成されたデザイン。

①:先進的なデザイン

ディスプレイが大きく、ベゼル部分が狭小化。各コーナーのカーブ具合、サイドアルミフレーム仕様など、iPad Proを彷彿とさせるスタイル。

②:2サイズ展開

24インチと32インチの2サイズが登場するとの予想。

iMac(2021)、予想コンセプトデザインが公開 2021年の登場が期待されている、アップルの新型「iM...

New→⑤:2022年モデルでは「FaceID」を搭載

・Face IDを搭載

大手メディアBloombergが21年1月に報じるところによれば、アップルは現在、iPhoneシリーズ・iPadシリーズでおなじみの顔面認証機能「Face ID」を、iMac向けにも開発しているという。

・2021年モデルでは搭載なし

ただ開発は当初の計画より遅れており、Face IDが次期モデルのiMacにすぐ搭載されることは無い。2022年のマイナーアップデートまで搭載されないという。

ソース

Twiiterフォロー
スポンサーリンク
関連ページ

フォローする

スポンサーリンク