新型「iPad Air 4」、現時点でわかっているスペック。ベゼル狭く・現行モデルより安く・20W充電器同梱

スポンサーリンク

新型「iPad Air 4」、現時点でわかっているスペック。ベゼル狭く・現行モデルより安く・20W充電器同梱

9月8日のアップルイベントでの発表が噂される新型タブレット、「iPad Air 4」。これまでにリークされたスペックは次の通りとなっています。

「iPad Air 4」のスペック・価格

ディスプレイに11.0インチ(現行モデルは10.5インチ)、チップセットにA13 Bionic(iPhone 11シリーズで採用されたSoC)。

チップセットに関して、最新「A14」ではなく「A13」採用という選択なのは次期上位モデル「iPad Pro 第5世代」との差別化を行うため。

そのほかFace IDサポート、iPad Pro(第3世代)と同じ1200万画素シングルカメラ・顔面指紋認証Face ID・USB-Cポート・Touch IDホームボタンの廃止・ベゼルレスデザイン化など。

・iPad Air 4の予想デザイン

・現行モデルと比較(一番左がiPad Air 4)。iPad Pro 11インチとほぼ同じサイズ、デザイン

ほか、新たに20W充電器を同梱(現在は12W同梱)。本体価格は現行iPad Air 3(2019)より安くなり、最安モデルは499ドル / 54,800円を下回ります。

なおメモリ容量・バッテリー容量・フロントカメラ画素数などはまだ不明です。

【関連記事】

噂:新型「iPad Air 4」が登場。iPad Pro 第3世代 11型のマイナーチェンジモデル 【お詫び】 初出時のタイトルが間...
噂:新型iPad・iPhone 12が9月8日、新型iPad Proが10月27日にそれぞれ発表される 情...
Twiiterフォロー
スポンサーリンク
関連ページ

フォローする

スポンサーリンク