【タブレット】ファーウェイ渾身の高性能機種「MediaPad M3」まとめ5トピック。評判○×・ベンチマーク・LTE対応状況など

スポンサーリンク

Huawei渾身のハイエンドタブレット「MediaPad M3」、紹介コーナー

ファーウェイが2016年12月に発売したフラグシップ(高性能)Androidタブレット「MediaPad M3」。

複数モデルが用意されていますが、一番高価なSIMフリー64GBプレミアムモデルでも約4万円、最も安いWi-Fiモデルは3万円と、高品質・高性能に比べての安さが人気の秘訣のようです。

①:スペック・価格

・価格

30,000円前後 (Wi-Fiモデル)

35,000円前後 (LTE 32GBスタンダードモデル SIMフリー)

39,8000円前後 (LTE 64GBプレミアムモデル SIMフリー)

・スペック

OS Android 6.0
CPU Hisilicon Kirin 950 2.3GHz
RAM 4GB
画面 8.4インチ
解像度 2560×1600
記憶容量 32GB(スタンダードモデル)

64GB(プレミアムモデル)

カメラ 800万画素 /800万画素
無線LAN IEEE802.11a/b/g/n/ac
サイズ 124.2×7.3×215.5 mm
ネットワーク

LTE通信速度:

下り:150Mbps (LTE)

上り:50Mbps(LTE)

FDD-LTE:

Band

1/3/5/7/8/19/20/28

TDD-LTE:

Band 38/39/40/41

W-CDMA:

Band 1/2/5/6/8/19

TD-SCDMA:

Band 34/39

GSM:

850/900/1800/1900MHz

重量 310g
microSD 対応。256GBまで
バッテリー 5100mAh

②:高級感あるメタリックボディ

MediaPad M3の製造元・ファーウェイと言えば、日本でも人気の「P9」や「Nexus 6P」といった機種で知られますが、それらデバイスに違わず、本機MediaPad M3も高級感ある高品質ボディに惹きつけられます。

出典:pcadviser.co.uk

出典:trustedreviews

③:ベンチマーク、性能スコア

・Antutu、3Dゲーム性能共に遜色なし

総合性能を計測するAntutu ver.6.0では9万5000スコアほどと、ハイスコアを記録

一方で、3Dゲームの指標となる「3DMARK Ice Storm Unlimited」でも、1万9500点と好スコアを記録。

3Dゲームの動作には、ほぼ問題ないのではないでしょうか。

Antutu ver.6(総合スコア) 95,000ほど
Geekbench3(CPU性能) シングル:ー/マルチ:5000
3DMARK Ice Storm Unlimited

(3Dゲーム)

 19205

ディスプレイ輝度  ー
コントラスト比  ー
色再現度(Colorchecker DeltaE2000)  ー
Webブラウザ読み込み速度

(Sunspider)

 ー

④:海外レビューの評判〇×

・海外レビューサイトからのコメント

7インチ台のiPad miniよりも大きく、10インチ台のiPad Air 2よりも小さなタブレットを求めている場合は、オススメできる。

しかし、本機は素晴らしいしオススメできるが、既存のAndroidタブレットの発売機種が減っていることからも分かる通り、「WOW;すごい!」の要素には欠けている。

(pcadvisor.co.uk、スコア:未記入)

高解像度のディスプレイは素晴らしいデキだが、時に反射する。一方、金属製ボディは薄くて軽いが、質が高く、スピーカーも小さいタブレットのモノとは思えないほど出来が良い

(TrustedReview、スコア:75点

・ここが○ ここが×

海外レビューの意見をまとめると、次のような感じです。

ここが○ ここが×
高級感ある金属製ボディの質の高さ ディスプレイの高光沢がきつく、まま反射する(海外レビューサイトリンク
2560×1600解像度ディスプレイの美しさ ボリュームMAXでも小さい(海外サイトリンク
ステレオスピーカーの音の良さ 同梱ソフトが邪魔(海外レビューサイトリンク
サクサク動く性能の高さ
前面カメラも800万画素カメラ
310gの軽量性

⑤:SIMフリー・LTE対応状況。プラチナバンド19に対応

LTEプラチナバンドは、ドコモで使われるB19に対応しています。

・LTE&3G プラチナバンド対応表

LTEプラチナバンド対応

(山間部や郊外でも繋がる)

B8:○(ソフトバンク)B18:×(au)

B19:○(ドコモ)

3GドコモFOMAプラス対応(同) B6(800MHz):×

・MediaPad M3のLTE対応状況と、キャリア3社の使用バンド帯

B 1 3 5 7 8 11 18 19 20 21 26 28
本機
D
a
S

説明:D・・・ドコモ、a・・・au、S・・・ソフトバンク

参考:周波数帯&バンド帯一覧表

・NTTドコモのバンド帯の説明

メインはバンド1、次いでバンド19なので、ドコモ対応の格安SIMを選ぶ場合は両バンドに対応した機種を選びたいところ。

周波数帯 説明
B1 2.1GHz帯 メインバンド。下り最大37.5〜112.5Mbps。カバー範囲は全国
B3 1.7GHz 下り最大150Mbps。東京、大阪、名古屋のみ。
B19 800MHz帯 下り最大75Mbps。郊外や山間部で使用。

遮断物に強く、建物の中にも届く。

いわゆるプラチナバンド

B21 1.5GHz帯 下り最大112.5Mbps。北海道、東北、四国、北陸。
B28 700MHz帯 15年1月より使用。都市部。

いわゆるプラチナバンド

・auのバンド帯の説明

auはドコモと異なり、各バンド帯ごとでのエリアの公表をしていないのが難点。ただメインはバンド18。

周波数帯 説明
B1 2.1GHz帯 通常エリア:

下り最大37.5〜50Mbps。

CA対応エリア:

下り最大150Mbps。

B11 1.5GHz帯 下り最大 75Mbps。エリア狭
B18 800MHz帯 下り最大37.5〜150Mbps。

auのメイン周波数帯。

建物内も強いプラチナバンド。

B26 800MHz帯
B28 700MHz帯 15年から利用開始。プラチナバンド。
・ソフトバンク&Y!mobile LTE回線
周波数帯 説明
B1 2.1GHz帯 ソフトバンクのメインバンド。下り最大37.5〜112.5Mbps。4GLTE.
B3 1.8GHz Y!mobileのメインバンド。下り最大75Mbps。4GLTE.
B8 900MHz帯 下り最大75Mbps。プラチナLTE。
B11 1.5GHz帯 下り最大42Mbps。
B28 700MHz帯 15年より使用。プラチナLTE

リンク:ファーウェイ内公式ページ

参考:

Trusted Review ”Huawei MediaPad M3 review: Camera, battery and verdict

pcadvisor.co.uk ”HUAWEI MEDIAPAD M3 REVIEW: SPECS AND BENCHMARKS

CNET.com ”huawei mediapad m3 review

Twiiterフォロー
スポンサーリンク
関連ページ

フォローする

スポンサーリンク