17年発売、新型Xbox One ”Project Scorpio”・Xbox ONE S、噂最新情報トピックス5つ

スポンサーリンク

新型Xbox One ”Project Scorpio”・Xbox ONE S、噂最新情報リークトピックス

https://youtu.be/XuTwtOo88r8

更新情報

17/1/10:ページ作成

1.Xbox ”Project Scorpio”が2017年後期に発売

・新型Xbox「Project Scorpio」

マイクロソフトは新型Xbox「Project Scorpio」を2017年後半に発売予定。

・Project Scorpioの大まかな特徴

①:「真の」4K解像度ゲームプレイに対応

②:VR(バーチャルリアリティ)をサポート

③:Xbox Oneのすべてのソフトが動作する

マイクロソフトによれば、Project Scorpioは、対応ソフトの多くがアップスケーリングでネイティブ4K解像度ではないPlayStation 4 Proを上回る性能になるという。

・発売は17年年末

公式アナウンスでは”17年後半発売”との「Project Scorpio」だが、ゲームサイトGame Informerのインタビューに答えたマイクロソフトのフィル・スペンサー氏によれば、実際の発売は「2017年のホリデーシーズン(年末)になる」という。

なおソニーのプレイステーション 4 Proは、海外で11月10日発売だった。

2.「Project Scorpioはゲーム機史上、最高性能になる」とマイクロソフト

・Project Scorpioのスペック

2016年のゲームイベント「E3」で発表されたProject Scorpio。マイクロソフトによれば、次のような性能になる。

浮動小数点数演算能力:6 TFLOPS

CPUコア数:8コア

メモリ帯域幅:320GB/s

真の4Kゲームと高品質なVR対応

2017年年末発売

・発表のようす

https://youtu.be/IHjMF8d5yOA

・現行ゲーム機、グラフィックボードのTFLOPS(浮動小数点数演算能力

新型Xbox ONE 6 TFLOPS
TITAN X(15万円程度) 7 TFLOPS
GTX 980Ti(8万円程度) 5.5 TFLOPS
PS4 Pro 4.20TFLOPS
PS4 1.84 TFLOPS
Xbox ONE 1.31 TFLOPS
Wii U 0.35 TFLOPS
PS3 0.22 TFLOPS

なお新型/旧型PS4のスペックは次のとおり。

新型 PS4Pro 現行PS4
CPU AMD製 Jaguar (ジャガー)8コア 2.1GHz AMD製 Jaguar 8コア 1.6 GHz
GPU AMD GCN, 36 コンピュートユニット 911 MHz AMD GCN, 18 コンピュートユニット 800 MHz
TFLOPS 4.20TFLOPS 1.84TFLOPS
ゲームの4K対応 △(2560×1440、2840×1600といった解像度を4Kにアップスケーリング) ×
メモリ 8GB GDDR5 8GB GDDR5
メモリ帯域幅 218 GB/s 176 GB/s
サブCPU用メモリ DDR3 1GB DDR3 256MB

3.小型化した新型「Xbox One S」。4K Blu-rayやHDRにも対応

xboxone-0-0-640x0

先日日本でも発売開始となった新型「Xbox One S」。

新たに4KUHD解像度をサポートし、加えて現在の映像技術のトレンドであるHDRや、最新のBlu-ray・4Kブルーレイディスクも対応

本体サイズはこれまでのものより小さく狭く、40%小型化。ハードディスク容量は日本版では1TBモデルが用意。

XboxOne

Xbox

これまでのXboxシリーズにおいて特徴的だったバカでかい電源もコンソール本体内に内蔵されることに。

XboxOne2

コントローラも新型となった。これまでのものより無線接続の範囲が広いものになっている。

https://youtu.be/XuTwtOo88r8

4.Xbox One S、旧型より少し性能もアップ!

サイトEurogamerによれば、新型Xbox One Sは旧型より11%ほど性能がアップしているという。

・比較動画

https://youtu.be/Ju5cTcrWy4E

・スペック比較

Xbox One S Xbox One
CPU AMD Jaguar 8コア、1.75GHz
GPU演算ユニット 12個の演算ユニット
GPUクロック 914MHz 853MHz
浮動小数点数演算能力 1.4TF 1.31TF
4KBlu-ray対応 ×
HDR ×

5.Xbox One Sでの4K UHD Blu-rayディスク再生のようす

Xbox One Sにおいて、UHD Blu-rayとBlu-ray、DVDを再生し比較した動画が以下のモノ。

https://www.youtube.com/watch?v=7UOW3x5CjpA

なお比較に用いた映画ソフトはレオナルド・ディカプリオ主演の『レヴェナント』。用いた4KTVはサムスンのKS8000。

・DVDアップスケーリング(左)とUHD Blu-ray(右)の比較

これはさすがに差が明らか。動画投稿者も「全体的な明るさやコントラスト(鮮やかさ)、暗いところの黒の発色や深さなど、差が明瞭だ」としています。

uhd_bluray_dvd_2

uhd_bluray_dvd

・Blu-ray(左)とUHD Blu-ray(右)

動画投稿者はUHD Blu-rayについて「明るさとあざやかさに優れたHDR技術により、明るいところはより明るく、まぶしいところは目を覆うほどまぶしくなる」としている

uhd_bluray_dvd_4

uhd_bluray_dvd_3

UHD Blu-ray、そのほか

①:UHD Blu-rayのメニューテキストは、ところどころアンチエイリアシングがかからず、文字がギザギザしている。

例えば下の”PLAY”では”A”がギザギザしている

uhd_bluray_dvd_5

②:「まぶしいシーンでは本当にまぶしく感じる」とのUHD Blu-rayのワンシーン

uhd_bluray_dvd_6

参考文献:

WCCFtech ”Xbox Scorpio Revealed; 8 Core CPU With 6 Tflops Computing Power & 320 GB’s Memory Bandwidth

Eurogamer ”Xbox One S performance boost revealed

Game Informer ”Head Of Xbox Phil Spencer Talks Scorpio And Beyond

Twiiterフォロー
スポンサーリンク
関連ページ
スポンサーリンク