不具合3種類ほか、17年新型 Xperia XZ Premium / XZs / XA1・XA1 Ultraリーク最新情報まとめ21トピックス

スポンサーリンク

2017年新型 Xperia XZs・XZ Premium ほか、噂リーク最新情報まとめトピック

スマホ系人気記事

Xperia XZ Premium レビュー。ここが○☓・各アプリでの発熱・ベンチマーク・写真など
Xperia XZ Premiumレビュー。良い点悪い点・各アプリでの発熱、ベンチマーク・写真など Xperia ...
【まとめ】2017春、オススメのiPhone/Android無料ゲームアプリ・ベスト111!RPG/MMO/RTS/アクション【ここが〇×付き】
面白さに自信アリ!!この春遊びたいAndroid/iPhoneゲームアプリ! 紹介するアプリは実際にプレイし、かつ Appstore/...
10月発売、iPhone 8・7s・7s Plus / 18年 iPhone8s、噂リーク発売日値段最新情報11トピック
【iPhone・Mac・iPad系人気ページ】 2017年登場 iPhone 8・7s・7s Plus / 18年...

更新履歴

6/17:「不具合3種類」

6/14:「③:発売日・価格。XZPは日本ではドコモから6/16。XZsは5/26」




2017年春夏モデルは新型Xperiaが多数登場!リーク情報のトピックスページです。

目次(各項目をクリックでジャンプ)

【報告されている不具合】

New⇒・不具合3種類

注:不具合は必ずしもすべてのXperiaで起こるわけではありません

【Xperia XZ Premium・XZs 共通】
不具合・特徴 くわしい日本語記事
①:撮影写真に歪み。周辺部が歪む 日本語記事
②:「タップして起動」機能が無い。これは不具合ではなく、仕様 日本語記事
【Xperia XZ Premiumのみ】
③:本体側面部のつなぎ目にすき間がある/個人的に買った機種(海外通販)にて起こる 日本語記事

・Xperia XZ Premiumの写真ゆがみの例

PCのヒンジ部分あたりに注目

【Xperia XZ Prmeium 開封の様子】

①:実際のXperia XZ Prmeiumはこんな感じ

実際に購入してみました。こんな感じとなっています。詳しいレビュー記事は後日掲載します。

https://youtu.be/inNb0dsc33I

さすがに鏡面仕様の本体外観は高級感があり、見ていてほれぼれするものがあります。

【関連ページ】

Xperia XZ Premium、開封の儀(開封のようす)
Xperia XZ Premium、開封の儀(開封のようす) ソニーモバイルの新型スマートフォン「Xperia XZ Premium G8...

【新型4機種の一覧】

②:Xperia XZ Premium・XZs・XA1・XA Ultraの4機種が発売。スペック比較

・Xperia XZ Premium

コード名は”Yoshino”。世界初となる、4KHDRディスプレイ搭載。

・Xperia XZs(エクスぺリア エックスゼットエス)

Xperia XZからメモリ容量とカメラ性能が強化。

・Xperia XA1 Ultra

日本発売が期待されるも、発売されず。

【関連ページ】

Xperia XZ Premium・XZsのスペック比較

(いずれも、NTTドコモ版「Xperia XZ Premium SO-04J」と「Xperia XZs SO-03J」のスペック)

モデル XZ Premium SO-04J XZs SO-03J
発売日 6月16日 5月26日
基本性能
OS Android7.1
サイズmm 156x77x7.9 146×72×8.1
重さ 191g 161g
画面 5.46インチ 5.2インチ
画面色域 sRGB 138%
画面明るさ HDR10

700カンデラ

SDR(通常レベル)
ゴリラガラス Gorilla Glass 5 Gorilla Glass
デザイン ループサーフェス
CPU Snapdragon

835

Snapdragon

820

Antutuスコア(推定) 17万点 12万点
GPU Adreno 540 Adreno 530
RAM 4GB
容量 64GB 32GB
防水 IP65 / 68
ポート USB-C
ワンセグ/フルセグ 〇/〇
メインカメラ機能
画素 1900万画素
AF速度 不明
撮影速度 0.5秒
F値 2.0
センサーサイズ 1/ 2.3
デジタルズーム 8倍
クリアイメージズーム 3倍
先読みAF
960fpsスローモーション
RGBC-IRトリプルイメージセンサー
予測プレディクティブキャプチャー
手ブレ補正 5軸電子式
ビデオ撮影 4K
ISO ISO最大12800
前面カメラ性能
前面カメラ 1300万画素
 前カメISO ISO最大6400
サイズ 1/ 3.06
F値 F2.0
手ブレ方式 電子式5軸
通信性能
受信時最大速度/送信時最大速度 788Mbps

/50Mbps

500Mbps

/50Mbps

国内LTE対応バンド まだ未公表 B1/3/19/21/28
海外LTE対応バンド まだ未公表 B1/3/4/5

/7/12/13/

17/28/38

/39/40/41

/42

バッテリー機能
容量 3230mAh 2900mAh
寿命2倍Qnovo
充電速度を調節:バッテリーケア
スタミナモード
指紋認証
急速充電 Quick Charge 3.0
Bluthooth 5.0 4.2
待ち受け時間
LTE 460時間 590時間
3G 500時間 650時間
GSM 350時間 480時間
通話時間
LTE 1140分 1220分
3G 1150分 850分
GSM 740分 740分
電池持ち時間 105時間 95時間

参照元:NTTドコモホームページ、仕様表

・Xperia XZs、NTTドコモ・ソフトバンク・au各版の主な違うポイント比較

NTTドコモ版 au版 ソフトバンク版
通信性能
通信 LTE下り最大500Mbps 370Mbps 350Mbps
LTE対応バンド(国内) B1/3/19

/21/28

未公表 B1/3/8

/41

LTE対応バンド(海外) B1/3/4/5

/7/12/13/

17/28/38

/39/40/41

/42

B1/2/3/4

/8/12/17

/38/39/40

/41

バッテリー機能
LTE待受時間 590時間 630時間  700時間
LTE連続通話時間 1220分(VoLTE) 1710分
電池持ち時間 95時間 95時間 未公表
充電時間 160分 160分  180分

参照元:公式ホームページ、仕様表

Xperia XA1・XA1 Ultraのスペック 

製品名 Xperia XA1 XA1 Ultra
OS Android 7.0
画面 5.0インチ

6.0インチ

ゴリラガラス

画面特徴 エッジトゥエッジスクリーン
解像度 HD1280×720 フルHD1920×1080
CPU Helio P20
メモリ 3GB 4GB
容量 64GB 32GB/64GB
カメラ 2300万画素Motion Eye camera

1/2.3″ 、Exmor RS、f/2.0

SteadyShot

ビデオ撮影 4K撮影可、 960fpsの超スローモーション撮影は720pHD撮影
前カメラ 800万画素、 (1/4″ Exmor RS, f/2.0)、電子式手ブレ補正・SteadyShot 1600万画素、 (1/2.6″ Exmor RS, f/2.0)、光学手ブレ補正
防水防塵 IP68
バッテリー 2300mAh

バッテリ寿命2倍長持ち:Qnovoテクノロジー

STAMINAモード

2700mAh

バッテリ寿命2倍長持ち:Qnovoテクノロジー

STAMINAモード

通信 300Mbps LTE 300Mbps LTE
ポート microUSB microUSB
サウンド ステレオスピーカー、ハイレゾ再生
サイズ  145x67x8mm  165x79x8.1mm

Xperia XA1

New⇒③:発売日・価格。XZPは日本ではドコモから6/16。XZsは5/26

・Xperia XZ Premiumの発売日は6月16日

【発売日】

Xperia XZs:ソフトバンク・au・NTTドコモから5月26日(金)発売

Xperia XZ Premium:NTTドコモから6月16日(金)発売

New➾・価格:のりかえMNPならXperia XZPremiumはXperia XZsと同じ値段

【①:Xperia XZsの実質価格】

・新規契約、機種変更、のりかえの実質価格

⇒「新規契約・機種変」はNTTドコモが、「のりかえ」はソフトバンクが一番安い

契約方法 ドコモ au※ ソフトバンク
新規/機種変 32,400 34,776 45,120
のりかえMNP 15,552 23,976円 10,800

※「auスマートパス」未加入の場合を掲載

【②:Xperia XZ Premiumの実質価格】

⇒MNPならXperia XZsと同じ価格

契約方法 ドコモ
新規/機種変 45,360円(1,890円×24回
のりかえMNP 15,552円(648円~×24回

④:XZPの価格は約9万円、Z5Pより安い。XZsは海外モデルが早くも大幅値引き中

・XZPはZ5Pより安い

Xperia XZ Premiumのイギリスでの本体価格は 649.99ポンド(約9万円)。

過去に発売されたモデルと比べると、Xperia XZ PremiumはXperia Z5 Premiumより7000円ほど安い

・XZsは早くも大幅値引き中

発売開始となってまだ日も浅い「Xperia XZs」だが、全世界的には早くも大幅値引き中。

例えば通販サイト「ETOREN」では、定価8万3424円のところが、22%オフ・約1万9000円引きの約6万4000円で売られている(注:売られているのは海外モデル)。

【Xperia XZ Premium・XZsの特徴】

⑤:Xperia XZ Premium3色の、高級感ある外観。ちょっと指紋が目立つ?

・ルミナスクローム

・ディープシーブラック

・新たに、ブロンズピンクも登場。

ほか2色とは雰囲気が異なり、高級感と暖かみの両立が図られた本体カラー

【関連ページ:Xperia XZPの本体外観について】

Xperia XZ Premiumの美しい外観(と指紋跡が目立つ背面…)がよくわかる本体画像12枚
Xperia XZ Premiumの美しい外観(と指紋跡が目立つ背面…)がよくわかる本体画像 ソニーモバイルの2017年フラグシップモデル...

⑥:超スローモーション撮影「Motion Eye(モーションアイ)」

・XperiaXZP / XZsの新カメラ機能「Motion Eye」。6秒間のスローモーション撮影を可能にし、画像の歪みを無くす

https://www.youtube.com/watch?v=Nt5VK-bb5yI

新たに大容量DRAMを搭載した新型センサーにより、撮影画質の歪みの低減と960fpsスーパースローモーション撮影が可能になった。この「Motion Eye」では、一眼レフなどでしか出来なかった表現がスマホカメラでもできるように。

なおスローモーション撮影の撮影画質はHD。スローモーション撮影ができる時間は6秒間

・撮影写真の「歪み」も抑えられるように(右が新センサーで撮ったもの)

大容量DRAMを積層したことにより可能になった。

⑦:Xperia XZ Premium・XZs、撮影写真の改善ポイント

Xperia XZ Premium・XZs、「新型Gレンズによる写真周辺部ボケ改善」「写真歪み改善」「AF時間最大50%減」ほか全6点の改善を達成!
Xperia XZ Premium、「新型Gレンズによる写真周辺部ボケ改善」「写真歪み改善」「AF時間最大50%減」を達成! ...

①:新型Gレンズによる撮影周辺部(写真スミ部)における解像感の向上

写真周辺部(スミ部)において、シェーディング・解像感が25%向上

・①の具体例

Xperia XZ(右)より、周辺部もキレイに撮れるように

ーーー

・Xperia XZにおける、「写真周辺部での画質つぶれ」の例

例えば、Xperia XZでは撮影写真周辺部での「画質つぶれ」がユーザーから指摘されていただけに、これはうれしい。

Xperia XZ、不具合12種類まとめ。タッチパネルをタップして起動不良、カメラ発熱など
Xperia XZ、不具合まとめ。タッチパネルをタップして起動不良、カメラ発熱など いよいよ発売となったXperia XZ...

XZにおいては、2300万画素で撮った写真が、まるで500万画素で撮影したかのようにボケていたり、周辺部分がつぶれた感じになっているとの声が一部ユーザーからあがっていた。

サンプル:

xperia_xz-3

②:夜もよりキレイに撮れる

黒は黒く、ホワイトアウト(白一面に濁ること)もなく

・②の具体例

右がXperia XZ Premium。前モデルより夜間でもキレイに撮れるように

③:色の質感も美しく

赤色がキレイなXperia XZ Premium(左上)とライバル機種の比較

④:より素早い、オートフォーカス。最大50%減

オートフォーカス時間が、

  • PDAF(像面位相差オートフォーカス)はXZから40%の短縮化
  • LAF(レーザーオートフォーカス)は同50%の短縮化

となり、Xperia史上ナンバーワンのオートフォーカス時間の早さとなっている。

・結果、Xperia最速の撮影時間を達成

モデル
Xperia XZ Premium & XZs 0.5秒
Xperia XZ 0.6秒
Xperia X Performance 0.6秒

⑤:早い読み込みによる、写真歪みの低減

960fpsスローモーションを実現した機構「MOTIONEYE」により、読み込み時間の短縮化がなされ、結果、撮影写真の歪みがなくなる。

これまで、Xperia Z5でもXZでも、Xperiaでは撮影写真の歪みがユーザーから度々指摘されていただけに、これはうれしい

・具体例

⑥:モーションアイによる、スーパースローモーションの説明

コチラはすでによく知られていると思うので、簡略します

【XZ Premiumの特徴】

⑧:新型強化ガラス「Gorilla Glass 5(ゴリラガラス 5)」を搭載。1.6mの落下に耐える

Xperia XZ Premiumでは、Corning社の新型強化ガラス「Gorilla Glass 5(ゴリラガラス 5)」を搭載。

このGorilla Glass 5、メーカーの説明によれば、

  • 1.6mの高さから画面を下にして落下させるテストで、80%の端末が破損しなかった
  • これは競合強化ガラスの4倍の数値

とのことで、ますます画面が割れにくくなった様子。これは期待できそう。

New➾⑨:世界初、4K HDRディスプレイ。Amazonプライムの4Kコンテンツも視聴可。特徴4つと注意点

【関連ページ】

・4KHDRディスプレイの特徴4つ

1.HDRにより明るくあざやかに

HDR(ハイダイナミックレンジ)ディスプレイによる広いダイナミックレンジにより、これまでのディスプレイより、明るさと色域の表現が豊かに。明るさは700カンデラ

これにより、奥行き感や立体感のある映像を可能とする

・Xperia XZ PremiumのHDRディスプレイ、そのあざやかさが分かる動画

https://www.youtube.com/watch?v=vdb0PwvhVO0

New➾・Xperia XZ PremiumとZ5・X Performanceとのディスプレイ比較

https://youtu.be/uiRs–Muo8M

・主なスマートフォンの明るさ(単位:カンデラ)

  • Xperia XZ Premium:700cd(公称値)
  • iPhone 7:602cd(実測値)
  • Galaxy Note 7(HDR10対応):601cd(実測値)
  • Xperia XZ:600cd(公称値。実測値もほぼ同じ
  • Xperia X Performance:600cd(同)
  • Xperia Z5 Premium:500(同)

2.Amazonプライムビデオと提携。コンテンツ不足も解消?Amazon以外も4Kコンテンツは視聴可能

Amazonと提携し、Amazonプライム・ビデオに対応。これにより、モバイル向けとしては初めてとなる、スマホからの4K HDRコンテンツが視聴可能

同じ4KディスプレイだったXperia Z5 Premiumの際は、4Kコンテンツの不足という問題があったが、今回はそれも解消される?なおソニーからの説明によれば、Amazon提供のモノ以外でも、4Kコンテンツならどのコンテンツでも視聴が可能とのこと。

3.バッテリー持ちのため、通常時はフルHD解像度

バッテリー消費の節約のため、「アルバム」「サービス」「ビデオ」の各アプリの使用時のみにおいて4K解像度になる

4.iPad ProやiPhone 7を上回る色域

使える色=色域が増え、表現豊かなディスプレイに向上。この色域はiPad ProやiPhone 7といった機種を上回る。

【スマホ・タブレットのsRGBカバー率スコア】

(Xperia以外の数値は調査会社Display Mate調べのもの。数値が高いほどディスプレイ性能が高いことの目安となる)

  • Xperia XZ Premium:138%
  • Galaxy Note 7(Adaptive Display スクリーンモード時):132%
  • iPhone 7:104%
  • iPad Pro 9.7インチ:103%
  • iPad mini 4:101%
  • iPad Air 2:101%
  • iPhone 6 / 6 Plus:101%
  • iPad mini 3:63%
  • iPad mini 2:62%

・4KHDRディスプレイの注意点:実際の明るさは、これまでのXperiaとほぼ同じ…

公称700カンデラと、これまでのXperiaより100カンデラ上回る明るさのHDRディスプレイを備えるとしたXperia XZ Premiumだが、実計測ではこれまでのXperiaとあまり変わらない明るさでのようす…。

ただしどの海外レビューにおいても、高評価を獲得している。

【関連】

Xperia XZ Premium、HDRディスプレイは実計測で過去のXperiaと同程度の明るさ。ただレビューではXperia史上最高レベルの評価を獲得
Xperia XZ Premium、HDRディスプレイは過去のXperiaと同程度の明るさ。ただしレビューではXperia史上最高レベルの評...

Xperia XZ Premiumほか、スマートフォンのディスプレイ明るさ

(Phonearena調べ)

デバイス名 最大明るさ(単位:ニト)
Xperia Z5 672ニト
iPhone 7 Plus 672
Xperia XZ 633
Xperia Z5 Premium 593
Galaxy S8+ 565
Xperia XZ Premium 548
LG G6 506

・Xperia XZ Premiumほか、スマートフォンのディスプレイ明るさ

(GSMArena調べ;)

デバイス名 最大明るさ(単位:cd/m2
Xperia XZ Premium 573
iPhone 7 Plus 573
Xperia Z5 Premium 566
Xperia XZs 564
Xperia XZ 502
LG G6 468
Galaxy S8 440

⑩:XZP・XZsはドコモ・ソフトバンクのプラチナバンドに対応

・Xperia XZ Premium / XZs / XZ / XP / Z5P / Z5のLTE対応状況、表一覧

※表題はあくまでも海外グローバル版の話

赤太字がプラチナバンド。au…B18、ドコモ…B19、ソフトバンク…B28。

各キャリアが使用するB1~B28までを表記。

バンド 1 3 4 5 7 8 11 12 13
各Xperia機種
XZP
XZs
XZ
XP
Z5P
Z5
各キャリアとその使用バンド帯
D
a
S

説明:D・・・ドコモ、a・・・au、S・・・ソフトバンク

B 17 18 19 20 21 26 28
各Xperia機種
XZP
XZs
XZ
XP
Z5
Z5P
各キャリアとその使用バンド帯
D
a
S

説明:D・・・ドコモ、a・・・au、S・・・ソフトバンク

⑪:USB3.1 Gen1に対応。従来比最大10倍のデータ転送速度

新たにUSB3.1 Gen1に対応。従来比(USB2.0)最大10倍のデータ転送に対応する。

⑫:ストレージ64GB、メモリ4GB

Xperia XZ Premiumはストレージが64GBメモリも4GBに。なお仕様書によれば、実使用可能領域は 51.7 GB




 

⑬:17年新型チップセット「Snapdragon 835」はAntutu 18万点越え!Ice Storm Unlimitedは3万8000点越え

Snapdragonn 835のベンチマークスコアについては、チップ供給元のクアルコムによる計測スコアがア公表されている。

・Antutu Ver.6:18万1939点

噂された20万点越えはならずも、これまでのチップセットに比べると十分のハイスコア。スコア的には、iPhone 7とほぼ同じ。

・Ice Storm Unlimited:3万8000点

昨年のSnapdragon820では2万8000点ほどだったので、こちらはかなりのハイスコアを記録。

・グラフィック性能25%向上、3200万画素カメラ・Bluetooth 5.0対応、充電速度20%向上

17年1月に正式にアナウンスされたSnapdragon 835。

  • サイズ35%小型化
  • 消費電力25%省エネ化
  • 3Dグラフィック性能25%向上
  • 最大3200万画素カメラ
  • 1600万画素デュアルカメラ
  • Bluetooth 5.0対応
  • Daydream公式サポート
  • 急速充電QuickCharge 4.0対応

などがうたわれている。

⑭:下り最大788Mbpsの高速回線通信に対応

Snapdragon 835を搭載したことで、下り最大通信速度1Gbpsのスピードに対応(海外モデル)。ドコモ版は788Mbpsに対応

容量の大きな4K動画が、数秒間でダウンロードできるように。

(※数値は理論値です)




【Xperia XZ Premium・XZsと他機種の比較】

New⇒⑮:Xperia XZ PremiumとXZs、Z5 Premiumのスペック比較表

(XZ Premium、XZs、Z5 Premiumそれぞれの仕様はドコモ版に準拠。)

モデル XZ

Premium

XZs

Z5

Premuium

基本性能
OS Android7.1 Android5.1
サイズmm 156

x 77

x 7.9

146

×72

×8.1

154.4

x76

x7.8

重さ 191g 161g  180g
画面 5.46インチ 5.2インチ 5.5インチ
画面色域 sRGB 138% 通常レベル
画面明るさ HDR10

700カンデラ

SDR(通常レベル) SDR
ゴリラガラス Gorilla Glass 5 Gorilla Glass
デザイン ループサーフェス オムニバランス
CPU スナドラ835 スナドラ820 スナドラ810
GPU Adreno 530 Adreno 430
RAM 4GB 3GB
容量 64GB 32GB 32GB
防水 IP65/68
ポート USB-C microUSB
メインカメラ機能
画素 1900万画素 2300万画素
AF速度 不明 0.03秒
撮影速度 0.5秒 不明
F値 2.0 不明
センサーサイズ 1/ 2.3
デジタルズーム 8倍
クリアイメージズーム 3倍 5倍
先読みAF
960fpsスローモーション
RGBC-IRトリプルイメージセンサー
予測プレディクティブキャプチャー
手ブレ補正 5軸電子式 3軸電子式
ビデオ撮影 4K
ISO ISO最大12800
前面カメラ性能
前面カメラ 1300万画素 500万画素
 前カメISO ISO最大6400
サイズ 1/ 3.06 不明
F値 F2.0 不明
手ブレ方式 電子式5軸
通信性能
通信 788Mbps/50Mbps 500Mbps/50Mbps 下り225Mbps
バッテリー機能
容量 3230mAh 2900mAh 3430mAh
寿命2倍;Qnovo
充電速度を調節:バッテリーケア
スタミナモード
指紋認証
急速充電 Quick Charge 3.0 QC 2.0
LTE待受時間 460時間 590時間 490時間
LTE連続通話時間 1140分 1220分 1330分
電池持ち時間 105時間 95時間 77時間

参照元:公式ホームページ、仕様表

【関連ページ】

NTTドコモ版「Xperia XZ Premium SO-04J」「Xperia XZs SO-03J」のスペック・バッテリー持ち比較表、LTE対応バンド比較
NTTドコモ版「Xperia XZ Premium SO-04J」「Xperia XZs SO-03J」のスペック比較表、LTE対応バンド比...

【Xperia XA1・XA1 Ultra】

⑯:地味にスゴイ、XA1 Ultraの「ミニディスプレイ」機能

6.0インチの大画面を誇るXperia XA1 Ultraでは、画面の端に指が届かないという大画面スマホならではの問題を解消してくれる「ミニディスプレイ」機能を新たに搭載。

「ミニディスプレイ」機能とは

➾ディスプレイ領域を小さくすることで、操作しやすくする

(このgifは、動きが実際のものよりギコチないものとなっており、ぜひリンク先の本物で確認をどうぞ)

リンク:sonymobile.com/xperia-xa1-ultra/

Xperia XA1 Ultraの「ミニディスプレイ」機能がスゴい
Xperia XA1 Ultraの「ミニディスプレイ」機能がスゴい 6.0インチの大画面を誇るXperia XA1 Ult...

【ほか新型Xperiaの噂】

⑰:5.0インチ”ピカチュウ”モデルが発売?性能はXperie XA1にそっくり

最近になって、Xperia ピカチュウなるモデルがリーク。

スペック性能は入門~中性能モデルのXperia XA1と、カメラ以外ほぼ同じ。

画面サイズは5.0インチ。

新型Xperia ”ピカチュウ”のスペック

・OS:Android Nougat 7.0

・チップセット:MediaTek MT6757 Helio P20 オクタコア 2.3GHz

・ディスプレイ: 5.0インチ

・ディスプレイ解像度:1280×720

・メモリRAM:3GB

・内部記憶容量ストレージ:32GB

・メインカメラ:2100万画素

・フロントカメラ:800万画素

なおXperiaは活発的にコラボレーションモデルがリリースされる機種であり、2013年9月には「Xperia feat. HATSUNE MIKU SO-04E」がリリースされている。

こちらも性能的には入門~中性能モデル。

⑱:「Mineo」なる正体不明の機種も…

リーク情報によれば、某格安SIM会社と同じネーミングな、コードネーム”Mineo”が発売予定という。

「価格:350ドル」以外のことは不明。

なおMineo(ミネーオ)とは本来、イタリアの隕石の名前であり、固有名詞。

【Xperiaや各社スマホ、VRの今後の動き】

⑲:Xperia関連のVR機器の登場は?

・気になるソニーの特許

ソニーから、スマートフォンを用いるVR機器の特許が出願されている。

一見、サムスンのGear VRに似たたたずまいだが、今回のそれは、3Dメガネと同じ原理を用いて、より臨場感を向上させる

Xperia Z5 Premium発売時、ソニーの技術者からも「Xperiaを用いたVR機器を開発中」とのコメントが公式ブログ上であり、何かしらの研究開発を行っているのはまちがいないと思われる。

sony_vr

gear-vr

サムスン「Gear VR」

・現在、スマホ一体型VRデバイスを各社が開発中

サムスンGear VRGoogle Daydream Viewなど、最近各社は、スマホを用いてユーザーが安くVRを楽しめる機器の開発に取り組んでいる。

最近では、ASUSの同様のVRデバイス「ASUS AIO」の存在がリークされた。このVRデバイスは2017年内に発売されるという

【雑記・ソニーモバイルの経営環境から今後の登場端末を占う】

⑳:新型4K Xperiaが出てもおかしくなさそうな、ソニーモバイルの好調な経営状況

・ソニーモバイル黒字化。今後、高性能モデルに特化

長年赤字に苦しんでいたソニーのモバイルデバイス部門・ソニーモバイルコミュニケーションズだが、諸々の「構造改革」により、17年3月期決算においては、分社化後初となる黒字化達成の見込み。

また、同社は今後、主要市場である日本を中心として高性能(高付加価値)モデルづくりへと資源を集中させる方針であり、確かに新型4K Xperiaが出てもおかしくはない⇒事実発表された

・高付加化価値モデルの例として挙げられているXperia Z5 Premium

sony_ir_2016_3

ソニー決算より

sony_ir_2016_2

ソニー決算より

sony_ir_2016_6

ソニー決算より

関連:

ソニーモバイルの業績動向を調査。確かに新型4K Xperiaの登場は「ありそう」
ソニーモバイルの業績動向調査。確かに新型4K Xperiaの登場は「ありそう」 先日4Kディスプレイを搭載した新型Xper...

㉑:ソニーが最近発売したスマホのモデルナンバー一覧

これまで、「G3112」「G3221」なる機種が見つかっており、それぞれXperia XA 2とXperia XA Ultra 2(Xperia M5後継機種)とみられている

・ソニーが最近発売したスマホのモデルナンバー一覧

発売年月 デバイス モデルナンバー
13/1 Xperia Z C66XX
13/7 Xperia Z Ultra C68XX
13/9 Xperia Z1 C69XX
14/5 Xperia Z2 D65XX
14/10 Xperia Z3 D66XX、D6708
15/6 Xperia Z4 E6533、E6553
15/10 Xperia Z5 E66XX
Xperia Z5 Premium E68XX
16/6 Xperia X Performance F8131、F8132
16 Xperia  XA F3116
16 Xperia X F5122
16/10 Xperia XZ F8332
16/09 Xperia X Compact F5321
17? 新型Xperia? G3112、G3121

【モデルナンバーからうかがう傾向性】

①:モデルナンバーの先頭のアルファベットは発売年を示す

「13年⇒C」「14年⇒D」「15年⇒E」「16年⇒F」「17年⇒G」

よって今回の「G3112」「G3121」が2017年に発売される可能性は高そう

②:数字の千の位の数(例:8000だったら”8”)はそのモデルの価格帯を表す。

この数が大きいほど高性能ハイエンドモデル

例:

・Xperia XZ:F8332⇒8なので高性能ハイエンドモデル

・Xperia X Compact:F5321⇒5なのでミッドレンジモデル

・Xperia X:F5122⇒5なのでミッドレンジモデル

・Xperia XA:F3116⇒3なので、そこそこな性能のエントリーモデル

参考文献

displaymate ”iPad Pro 9.7 Display Technology Shoot-Out iPad Air 2 and iPad Pro 9.7”

displaymate ”Galaxy Note7 OLED Display Technology Shoot-Out”

displaymate ”iPhone 7 Display Technology Shoot-Out iPhone 6 and iPhone 7”

Amazon.co.jp ”4K ULTRA HDコーナー”

YouTube Sony dévoile le Xperia XZ premium : le premier smartphone 4K HDR ! MWC 2017

EIZO株式会社 ”第1回 大事なのは”正しい色”を表示できること――液晶ディスプレイの「色域」を理解しよう”

Qualcom.com ”Powered by Snapdragon 835, Sony’s Xperia XZ Premium reaches Gigabit speeds”

Android Headline ”First Sony OLED Flagship May Be A Limited Edition Device”

GSMARENA 、mobiltelefon.ru、PhoneArena、ソニー2016年第2四半期決算、Slashdotleaks、review.ge 、NSEAVOICE、gfxbench.com、gsmarena.com、
blogs.sonymobile.com、blogs.sonymobile.com/press_release

GSMArena ”The showstopper Sony Xperia XZ Premium review

PhoneArena ”Sony Xperia XZ Premium Review

スポンサーリンク

コメント

  1. 匿名 より:

    Xperia Zシリーズの復活への話もあるけど、XZ Ultraを……

  2. 匿名 より:

    この前のマイネオ発表会で発表された謎の端末はもしかしてXPERIAなんですかね?
    だとしたらマイネオ使ってるので楽しみです。

  3. RYUKS より:

    「Z Ultra」ユーザーですが、「XA1 Ultra」…日本国内ので発売がどうなっているのか、ホントもどかしいです…。

  4. ベース弾き より:

    Z ultraのユーザーですが、ホントにX ultra発売して欲しいですが、出て来なければ、ギャラクシーs8+にいきますかな?

  5. RYUKS より:

    各キャリアから「Xperia XZs 」こそ発表が有りましたが、それ以外の機種の発表は無さそうですね…。どうしよう…海外から取り寄せようかな…。ただ、そうなるとカバーをどうするかが問題になるんだよな…。

  6. RYUKS より:

    散々迷いましたが、ボーナスも近かったり資格試験もゲットした勢いもあり、『Xperia XA1 Ultra(64G)』を海外からの販売サイトでポチっちゃいました。
    海外からのSimフリースマホ購入が初めてなだけに、来るまでWktkすることにします。

  7. 小澤 司 より:

    >RYUKSさん

    いつもコメントいただき、ありがとうございます!

    またXperia XA1 Ultra、ご購入おめでとうございます!XAI Ultraも本当にいい機種ですよね、日本で正規販売されないのが残念です。