グーグル、ウェアラブルプラットフォームの名前を「Wear OS by Google Smartwatch」に変更

スポンサーリンク

グーグル、ウェアラブルプラットフォームの名前を「Wear OS by Google Smartwatch」に変更

Googleは、自社ウェアラブルプラットフォームの名前を、これまでの「Wear」から「Wear OS by Google Smartwatch」へと変更を行ないました。

昨年のFitBit買収以来となる、Googleのウェアラブルデバイス関連での大きな変化。

ただ現在のところ、この変更は単なる名称変更にとどまっており、製品ロゴ、ヘルプドキュメント、デバイス上の起動画面には反映されていません。

現在、自社製スマートウォッチ「Pixel Watch」の開発に取り組んでいるともっぱらの噂であるGoogle。fitbitの買収や、FOSSILハイブリッドスマートウォッチ技術の買収も、その一環と目されています。

日経報道、Googleが新型スマートウォッチ「Pixel Watch」を10月イベントで発表 ・こちらはFOSSILの新型ハイブリッドスマ...

source:9to5google.com

Twiiterフォロー
スポンサーリンク
関連ページ

フォローする

スポンサーリンク