「任天堂NX、16年末に携帯機版、17年に据え置き機版が発売。UBIはアサシンクリードの移植作を開発中」という情報がUBI社員を称する人物から

nx

NXまとめ記事⇓

2016年発売?PS4を超えてハイエンドPC並みの性能?ドラクエ11は検討中、FFも?任天堂「NX」の噂情報10個

海外ゲームサイト「VGChartz」経由「4chan」に書き込まれたという情報。書き込み主は最近、フランスを中心に位置する大手ゲームソフトメーカーUBIソフト・ブカレストスタジオの社員と接触し、任天堂が現在開発中のゲーム機「NX」に関する新たな情報を得たとのこと。

スポンサーリンク

任天堂NX、16年末に携帯機版、17年に据え置き機版が発売?

ルーマニアに位置するUBIソフト・ブカレストスタジオといえば、Wii U版『ウォッチ ドッグス』の移植を担当したことで知られています。

さてUBIブカレスト社員によると、ニンテンドーNXは前々からのうわさ通り、OSが共通の携帯ゲーム機(NXポータブル)と据え置きゲーム機が発売、そして携帯ゲーム機版NXは2016年末、家庭用ゲーム機版NXは2017年発売されるとの話。

加えて前々からの噂通り、すでにNXの開発キットは配布され、そしてUBIが現在取り組んでいるのはNXポータブル向けソフトのみで、家庭用ゲーム機版NX用のソフトの開発には取り組んでいないとUBIブカレスト社員はいいます。

UBIはNXポータブル向けに『アサシン クリード III レディ リバティ』ほかを開発中?

また現在UBIが携帯ゲーム機版NX向けソフトとして開発に取り組んでいるのはPS Vitaで発売された『アサシン クリード III レディ リバティ』の移植作で、これは今年末のNXポータブルの発売と同時にリリースされるロンチソフトになるとのこと。UBIはほかにもアサシンクリード過去発売タイトルの移植に前向きであるそうです。

CREED_VITA

アサシン クリードIII レディ リバティ(PS Vita版)

また「レイマン」シリーズを手がけてきたUBIモンペリエが、おそらく新しいレイマンをNXポータブル向けに開発し、また「アサシンクリード」「Far Cry」「レインボーシックス」などのシリーズ作を手掛けてきたUBIモントリオールもソフトを開発するかもしれないとの話もありました。

UBIは家庭用ゲーム機版NX向けのゲームソフトは開発していないとの話ですが、先の話にもある通り、携帯ゲーム機版NXと家庭用ゲーム機版NXはOSが共通化であり、片方のNXで発売されたゲームをもう片方のNXへ移植するのは非常にカンタンであるそう。

そこらへんの話について詳しくは1月6日から開催される世界最大級の家電カンファレンス「CES 2016」で任天堂側から説明があるとのことでした。なるほど、任天堂がソフトメーカー向けに内々でカンファレンスを行うという噂は前にもあったりします

(今回の情報は今年1月2日、CES開催前に流されたもの)

話の信ぴょう性は?ゲーム情報に詳しい記者が気になるツイート

とても興味深い一連の話ですが、もちろん話の信ぴょう性については定かではなく、今回の話が正しいものであるかについての保証は一切ありません。

今回の話について、昨年秋にNXの開発キットが配布開始された第1報を伝えたウォール・ストリート・ジャーナルの望月崇記者は「もしこの話が本当なら、UBIの誰が秘密保持契約を破ったか特定するのは任天堂にとって簡単でしょうね(上のツイート)」とコメント。

それを踏まえると、今回の話もやっぱりデマなのかもしれませんね

ただ一方で、UBIソフトはWii Uの時もソフトを多くリリースしてくれた数少ないソフトメーカーなので、今回の話もあり得ない話でもありません。まあどちらにしろ、よくわからないところです。

[VGChartz “New NX details from Ubisoft dev; portable device will launch first (rumor)”, twitter]

Twiiterフォロー
スポンサーリンク
関連ページ
スポンサーリンク