経済誌「折り曲げ可能なXperiaが今後登場する。パネルはLG製有機ELディスプレイ」

スポンサーリンク

経済誌「折り曲げ可能なXperiaが今後登場する。パネルはLG製有機ELディスプレイ」

ソニーモバイルが今後、折り曲げ可能なスマートフォンをリリースすることになる旨を、韓国の経済マスコミBusiness Koreaがレポートしています。

ビジネスコリアによれば、液晶大手のLGディスプレイが今後、折り曲げできるフレキシブルディスプレイをソニーのスマートフォン部門であるソニーモバイルに供給する模様。

LG ディスプレイは既にハイエンドのソニー製TV向けにOLEDスクリーンを供給してきた過去がありますが、今後、スマートフォン用のフレキシブルパネルも供給することになります。

・折り曲げ可能なXperiaは、早くて2019年に登場?

またソニーモバイルへのフレキシブルディスプレイの供給がいつになるのか、またそれを用いた折りたたみ可能なスマートフォンの登場がいつになるのなどなど、具体的なことはすべて不明。

ただ、

すでにサムスンが開発中としてアナウンスしているフレキシブルスマートフォン「Galaxy X」より前に発売されることはない

とのビジネスコリアによるレポート。

Galaxy Xに関しては、先日、2019年への発売延期がサムスン電子から明らかにされていました。

一方でフレキシブルディスプレイに関しては、ソニーら3社が共同出資し、ソニーモバイルとの関係が深いディスプレイ大手・ジャパンディスプレイも2018年への製品化に向けて開発中。

今後、ソニー製スマートフォンへの実装が期待されます。

ソニーXperiaを取り巻く技術・テクノロジー環境のまとめ5つ 更新情報 2/1:「②:ジャパンディスプレイがガラス指紋センサーを開...

参考:

Business Korea  Xperia Blog

Twiiterフォロー
スポンサーリンク
関連ページ

フォローする

スポンサーリンク