アップル、「画面に触れなくても操作できるiPhone」と「曲面ディスプレイのiPhone」を開発中

スポンサーリンク

アップル、「画面に触れなくても操作できるiPhone」「曲面ディスプレイのiPhone」を開発中

・iPhone X

先日はMacにおける将来的なアップル製チップセットCPU採用の話をレポートした米大手メディア、ブルームバーグ。今回は現在アップルが開発を進める新型iPhone、2種類のレポートをおこなっています。

なんでも、アップルは現在「画面に触れなくても操作できるiPhone」「曲面ディスプレイにより画面がカーブしたiPhone」をそれぞれ開発中であるとのこと。

・ジェスチャー動作により、画面に触れなくても操作できるiPhone

アップルが開発を進める新型iPhone。1機種目においては、ディスプレイが指距離を検知することによって、ユーザーは画面にタッチしなくともiPhoneを操作することが可能になります。

現在の3Dタッチにおける感圧機能は、このジェスチャー機能の伏線になるのだとは、ブルームバーグによる説明。ただしこの新型iPhone、登場は2年以上先になるとのこと。

近い技術として、サムスンの「Air Gestures」、Googleの「Project Soli」などといったジェスチャー動作があげられますが、アップルのiPhoneにおける今回のジェスチャー動作は、より指を画面に近づける必要があるそう。また、カメラを用いてジェスチャー動作を認識する他社技術と異なり、アップルのものはディスプレイそのものが動作を認識します。

・Googleの「Project Soli」

・曲面ディスプレイを採用するiPhone

加えて有機ELディスプレイを用いての「曲面スクリーン iPhone」も開発が進められています。この曲面iPhoneにおけるデザインはサムスンGalaxyシリーズなどと異なり、上から下に向かって徐々に内向きにカーブするものが採用されます。

こちらも発売までには向こう2~3年はかかるとのこと。

参考:bloomberg.com

Twiiterフォロー
スポンサーリンク
関連ページ

フォローする

スポンサーリンク