新型「iPad Pro 5」、発売されるのは12.9型のみで11.0型モデルは登場しない様子

スポンサーリンク

新型「iPad Pro 5」、発売されるのは12.9型のみで11.0型モデルは登場しない様子

・こちらはiPad Pro 第4世代

2021年前半の発売が期待されるアップルの新型タブレット「iPad Pro 5(iPad Pro 第5世代)」。

発売が楽しみなこの新モデル。ここ最近に来て聴こえてくる意見としては、「登場するのは12.9インチモデルのみで、11.0インチモデルは発売されない」なる話。

例えば、それぞれアップル関係の確かな情報提供で知られる、アナリストのミンチー・クオ氏や台湾のコンサルティングファームTrendForce、そして台湾のシンクタンクDigitimesからは、新型「iPad Pro 第5世代 12.9インチ」の話は色々とあるものの、「同 11.0インチ」の話は全くありせん。これは両氏より情報の精度が落ちるリーカーの皆様にしても同様です。

新型「iPad Air 4」が発売されるため?

考えるに、今年秋に登場する新型「iPad Air 4」は大型化され、画面サイズが11.0インチになると言われています。チップセットも現行モデルより高性能な「A13」を採用。

そうなるとiPad Pro 11.0インチとは需要が食い合う関係になるので、それゆえ「iPad Pro 第5世代 11.0インチ」が登場しないのは当然のことなのかもしれません。

【関連記事】

コンサルティング会社レポート:新型「ミニLED iPad Pro」は、2020年Q1発売。米中貿易摩擦を受け、サプライヤーは台湾メーカーに ...
Twiiterフォロー
スポンサーリンク
関連ページ

フォローする

スポンサーリンク