新型「OPPO Reno5Z」、FCC認証通過

スポンサーリンク

新型「OPPO Reno5Z」、FCC認証通過

・こちらはReno5F

Oppoの新型スマートフォン、「OPPO Reno5Z」と見られる新型デバイスが米国FCC認証を通過しました。

モデルナンバーは”CPH2211”。

一部スペック

今回のFCC認証によれば、OPPO Reno5ZはOSがAndroid 11/ColorOS 11.1、急速充電が30W、そしてバッテリー容量が4,310mAh。もちろん5G通信に対応。

そのほか本体厚さは7.8mmで、重さが175g。

またスマホ概略図からは、メインカメラでの3台のカメラ、本体側面右側での電源ボタン、同左側でのボリュームキー搭載が分かります。

今回のFCC認証に加え、先日はBluetooth認証を通過した「OPPO Reno5Z」。アナウンス日が近いことがうかがえます。

SOURCE

Twiiterフォロー
スポンサーリンク
関連ページ

フォローする

スポンサーリンク