PS VITA次世代機関連なのかもしれない、ソニーの新しい特許が明らかに

スポンサーリンク

PS VITA次世代機関連なのかもしれない、ソニーの新しい特許が明らかに

   

ソニーのPS VITA次世代機関連のモノなのかもしれない、未来を期待させる新しい特許が明らかになっており、海外ユーザーを中心に話題となっています

2015年8月にソニーから提出され、2017年2月16日に公開されたこの特許。

当然のことながら、この特許の説明文に次世代PSVITAの詳細なスペックが書かれているわけではないものの、説明図からは次のようなポートや機能が予想できます。

・SIMカードサポート、LTEネットワークサポート

・miniHDMIポートによる映像出力

・コントローラDUALSHOCKでのL1/L2  R1/R2ボタン

・タッチディスプレイ

・USB Type-Cポート

・SDカードサポート

などなど…

[wc_row]

[wc_column size=”one-half” position=”first”]

[/wc_column]

[wc_column size=”one-half” position=”last”]

[/wc_column]

[/wc_row]

今回の特許図が、そのまま製品になるわけではないのはモチロンのことですが、それにしても、一風変わったゲーミングプロダクツを発売しているシンガポールのlコアゲーマー向けメーカー、Razerの「Razer Edge Pro」にその姿形が似ています。

・Razer Edge Pro

ゲーム市場の構造変化を受けて、最近ではよりコアゲーマー志向(PS4 ProやXbox Project ”Scorpion、そもそもPS4それ自体がこれまでのソニーの歴代ゲーム機の中ではゲーマー寄り)の経営方針がみられる各ゲーム機メーカーですが、今回の特許もその方針の延長線上にあると言えそうです。

参考:

tweaktown.com

Twiiterフォロー
スポンサーリンク
関連ページ

フォローする

スポンサーリンク