iPhone SEはiPhone 6sより曲がりやすく、防水性もない。耐久テストの結果、スコア5.5/10

スポンサーリンク

iPhone SEはiPhone 6sより曲がりやすく、防水性もない。耐久テストの結果、スコア5.5/10と中程度の耐久性

デバイス保証会社「square trade」がiPhone SEの耐久性テスト結果を公表しました。

iPhoneSE_Breakability_Scorecard_ENGLISH2

総合スコア結果は5.5/10と中程度の耐久性。持ちやすさ、軽量性、回転テストへのタフさが評価された一方で、落とした際のコーナー部分の耐衝撃への低さ、防水性の弱さなどが指摘されています。

・テスト結果(スコアは10段階。1⇒最悪、10⇒最良)

持ちやすさ 軽量性 防水性 コーナーへの耐衝撃 正面から落下 曲がりにくさ 回転へのタフさ 総合
iPhone SE 8 8 1 2 4 7 9 5.5
iPhone 6s 6 6 5 8 4 8 10 7
iPhone 6sPlus 4 3 1 7 4 9 3 4.5

・そのほか総評

①:iPhone SEは他のiPhoneより曲がりやすい。同デバイスは160ポンド(172kg)で曲がり、178ポンドで破壊された。一方iPhone 6sはiPhone SEより薄いが、170ポンドでも曲がらなかった。

②:iPhone SEは防水性がない。5フィート(1.5m)の深さにスマートフォンを沈める実験で、iPhone SEは1分で本体内部に水が入ってきた。一方iPhone 6Sは30分間の防水に耐え、しかもオーディオ部分が壊れただけだった。iPhone 6sは10分間の防水に耐えたが、結局本体が壊れた。

③:30秒の高速回転時間でもiPhone SEは細かな傷が付いただけで、本体性能には全く問題が起こらなかった。 この実験でiPhone 6s Plusは画面が割れ、結果使えなくなった。

④:iPhoneシリーズはどれも正面からの落下には弱い。6フィート(1.8メートル)の高さからiPhone SEを正面が当たるように落としたところ、1回の実験で画面が割れた。 iPhone 6sやiPhone 6s Plusも同様

⑤:iPhone SEはコーナー部分の衝撃に弱い。コーナー部分が当たるような落下実験を行なったところ、5回の落下でスクリーンにヒビが入り、10回の落下で本体側面部にヒビが入った。一方、iPhone 6s/ 6s Plusはコーナー部分の衝撃もiPhone SEほどは弱くない。

・実験の様子

[Square Trade ”The Small but Mighty Apple iPhone SEis No Match for the Sturdy iPhone 6s”]

Twiiterフォロー
スポンサーリンク
関連ページ

フォローする

スポンサーリンク