来年登場のiPhoneは「iPhone 7s」ではなく「iPhone 8」と一流証券アナリスト。デザインの大幅な変更がその特徴

スポンサーリンク

来年登場のiPhoneは「iPhone 7s」ではなく「iPhone 8」と一流証券アナリスト。デザインの大幅な変更がその特徴

iphone_7_render-e1454450972251

iPhone 7の噂デザイン

イギリス・ロンドンに本拠地を置くバークレイズ証券のアナリスト、マーク・モスコウィッツ氏は最新レポートとして、来年登場するiPhoneが例年通りの慣習通り「iPhone 7s」ではなく、「iPhone 8」になることを伝えています。

レポートの報告元であるバークレイズは世界でも有数の巨大金融グループであり、その報告の信憑性には確かなものがあります。

ここ毎年、iPhoneの新製品は2年ごとに大幅な変更が加えられており、例年通りならなら今年発売されるiPhone は「iPhone 7」、そして来年発売されるiPhoneは「iPhone 7s」になることが見込まれていました。

報告によれば、来年登場の「iPhone 8」ではデザインの大幅な変更が行われ、有機ELディスプレイを搭載、ワイヤレス充電対応とホームボタンの廃止が行なわれるとのこと。

これらの情報は、すでにリークされているiPhone 8情報のいくつかと重なっています。iPhone 8のリーク情報の中には日経テクノロジーが報道した「折りたたみ型デザイン」なる情報のもあり、目が離せません。

project-valley-samsung-foldable

サムスンが今年にも発売の折りたたみ型Galaxy。iPhone8も折りたたみ型になるという。

なお、アップル製品の予測情報で有名なアナリスト、KGI証券のミンチー・クオ氏は、iPhone 8のデザインについて「iPhone 5sまでのようなガラス筐体になる」としています。

いずれにしろ来年モデルのiPhoneでは、これまでのモデルから大幅な変更が行われるのが確実のようです。

[MacRumors , 9to5Mac]

Twiiterフォロー
スポンサーリンク
関連ページ
スポンサーリンク