【まとめ】ドコモ /au /ソフトバンク、各Xperia X Performanceの違い比較。バッテリー/ デザイン/ 海外版との違い/ 通話待受時間/ 通信速度/ 対応バンドなど

スポンサーリンク

ドコモ/au/ソフトバンクのXperia X Performanceの比較違いまとめ。バッテリー、デザイン、通話待ち受け時間、対応バンドなど

X_PErformance_au

さていよいよドコモ/au/ソフトバンクの各キャリアから発表されたソニーモバイルの新型スマートフォン「Xperia X Performance」ですが、各キャリア版において、異なっているところを比較してみました。

・デザイン

・3機種と海外グローバルモデルの違い

⇒日本版は背面下部にプラスティックによるアンテナ(D)ライン

前面メタルな海外モデルと異なり、日本モデルでは 通話品質を高めるため、背面の一部分にプラスティック樹脂が使われています。これを残念に思うユーザーは多いかもしれません。

海外版

XperiaXP

日本版(画像はau版)

X_PErformance_au2

・日本3キャリア版の背面デザインの特徴

ドコモ・・・中央に”docomo”のロゴ、右上にモデルナンバー、下部にアンテナ(D)ライン

Xperia

au・・・下部にアンテナ(D)ラインとその上に”au”のロゴ

X_PErformance_au3

ソフトバンク・・・下部にアンテナ(D)ライン

Xperia_X2

・バッテリー容量、通信通話時間など

日本版モデルでは、表記上ではバッテリー容量が海外グローバル版より130mAh少ない2570mAhとなっています

ですがこれは、海外との表記慣習上の違いからくるものであり、バッテリー容量そのものは海外モデルと変化はないそうです。

・各キャリアのGalaxy S7 edgeとXperia X Performance、Xperia Z5の実使用時間、連続待ち受け、通話時間の比較

(ドコモ版Xperia XPはデータなし。 赤字が上位性能機種。SB・・・ソフトバンク)

au:XP au:Z5 SB:XP SB:Z5
バッテリーmAh 2570m 2900m 2570m 2900m
連続待受 LTE 490h 500h 530h 550h
3G 590h 590h
GSM 550h 520h
連続通話 LTE 1330分 1250分 1380分 840分
3G 1680分 1440分
GSM 600分 720分
充電時間 150分 130分 195分 155分

・通信速度

ドコモ au ソフバン
通信方式 下り/上り(Mbps)
LTE(2GHz)& WiMAX 2+CA ー(非対応)  370
LTE(800MHz)<プラチナバンド> 不明 75/25 不明
LTE(2GHz) 不明 150/12 不明
LTE CA 375/50 225/不明 262.5/37.5
FDD-LTE(AXGP) 165/10
WiMAX 2+ 110/10
WiMAX 2+CA 220/不明
3G 対応 対応
VoLTE
VoLTE HD+

・VoLTE HD+とは・・・これまでのVoLTEよりさらにクリアな通話音質を可能とするドコモの技術

https://www.youtube.com/watch?v=Slbn7qBxcJw

・対応バンド

ドコモ版 au版 SB版
国内 LTE B1/B3/B19/B21/B28 情報無し 情報無し
3G B1/B6/
海外 FD-LTE B1/B3/B7/B28
TD-LTE B7/B38/B40/B41
3G B1/B5
GSM
1.9/1.8GHz/800/850MHz
Twiiterフォロー
スポンサーリンク
関連ページ
スポンサーリンク