5/23発表、new Surface Pro / Surface Laptop / Surface Phone・Book2 / iMac型Surface /Windows 10 Redstone3の噂・リーク最新情報8つ

ガジェット系人気ページ

Android&iOSタブレット比較2017春:ベンチマーク&海外レビュー評判&仕様紹介【オススメ7~10インチ編】
スマホ・タブレット系の人気ページ 最近の更新履歴 4/12:「iPad(2017)」の追加 ...
【価格帯別】格安SIMフリースマホおすすめ 11 機種比較2017春!バッテリー/Antutu等ベンチマーク9種&○×評判&仕様
・SIMフリーファブレット14機種/・LTE対応SIMフリーモバイルルーター7機種/ ・主要CPUチップセット41種、Antutu公式...
スポンサーリンク

Surface Pro 5 /Surface Laptop/Surface Phone/iMac型Surfaceの噂・リーク・最新情報

更新情報

5/24:「1.新型Surface「New Surface Pro」のスペック・価格・発売日。LTEモデルも登場」「5.新型「new Surface Pro」では、17年後半にLTEモデルがリリース予定」

新型 Surfacceの噂・リーク・最新情報コーナーです。

【5/23発表:新型 new Surface Pro(Surface Pro 5)】

New➾1.新型Surface「new Surface Pro」のスペック・価格・発売日。LTEモデルも登場

新型Surface Proは、「Surface Pro 5」ではなく、「New Surface Pro」の名称に

・発売日・価格

発売日:6月15日(Wi-Fiモデル。LTEモデルは2017年後半登場)

日本発売:今のところ未定

価格:799.99ドルから

・スペック。最軽量、低騒音、バッテリー13.5時間

CPU: 第7世代Core(Kaby Lake アーキテクチャ)m3、i5、i7

ディスプレイ:12.3型(2736×1824ピクセル、267ppi)PixelSense。Surface Pro 4より色表現を強化

デザイン:大幅な変化は無いが、800以上の新設計パーツを採用

バッテリー:最大13.5時間(Pro 4は9時間)

騒音:Core m3・Core i5モデルは冷却用ファンを搭載しない静穏設計。ファンを搭載するCore i7モデルも、最大18デシベルの低騒音

新登場Surface Pen:4096段階の筆圧検知と傾き検知。遅延21ミリ秒。1024段階の筆圧検知だったPro 4より2倍以上の精度を実現

ヒンジ:165度まで開くことが可能

キーボード付きカバー:Surface Laptopのように、高級感あるアルカンターラ素材を採用

ポート:USB 3.0ポート×1、microSDXCカードスロット×1、Surface Connect(充電用)、イヤフォンジャック、Mini DisplayPort、Cover port(タイプカバーを接続)

カメラ:800万画素/500万画素。生体認証機能「Windows Hello」による顔認証機能

スピーカー:1.6W ステレオスピーカー。Dolby Audio Premium対応

サイズ:292×201×8.5mm(過去モデルと同じ)

重さ:シリーズ最軽量。Core m3モデル 768g。Core i5モデル 770g、Core i7モデル 784g

2.New Surface Proのデザイン

・デザインー本体

過去のSurfae Proシリーズを引き継ぎつつ、800以上の新設計パーツを採用。

・デザインーSurface ペン

2倍以上の精度を実現したSurface ペンでは、新たに傾きも検出。色は4色が用意される。

・デザインーキーボード

正式名称は「Surface Pro Signature Type Cover」。先日発表された「Surface Laptop」と同じく、アルカンターラ素材を採用。

カラーはブルゴーニュ、プラチナ、コバルトブルーと通常素材のブラックの計4色。

【5/3発表:Suraface Laptop】

3.通常のノートパソコン、13.5型「Suraface Laptop」

【関連】

マイクロソフトから”普通のノートPC”、13.5型「Surface Laptop」が発表。2256×1504高解像度、最大14.5時間駆動バッテリー
マイクロソフトから”普通のノートPC”、13.5型「Surface Laptop」が発表。2256×1504高解像度、最大14.5時間駆動バ...

【ポイント】

これまでの「2-in-1」型から「一般的なノートPC型」に変更された「Suraface Laptop」が発表。

通常のノートPC型になることによって、本体価格も999ドルからと買いやすくなった

・発表・発売日・価格。999ドルからの買い求めやすさ

海外発売日:6月15日(日本での発売はまだ未定)

価格:

999ドルモデル:Core-i5 7200U、メモリ4GB、128GB SSD

2200ドルモデル:Core-i7、メモリ16GB RAM、512GB SSD

・Surface Laptopのデザイン

・スペック

OS Windows 10 S

(教育向けの新OS。そのためWindowsストアのアプリしか実行できない。17年12月まではWindows 10 Proに無料アップグレードが可)

CPU Core i5、Core i7

MacBook Airより50%高速に動作

メモリ 最大16GB
ストレージ 最大512GB SSD
ディスプレイ 13.5型、2256×1504ピクセル、201ppi、アスペクト比3:2
厚さ 14.48mm
308.1mm
奥行 223.27mm
重さ 1.252kg
デザインの特徴 ボディー:アルミニウム素材

パームレスト・キーボードベゼル:アルカンターラ(スエード調人工皮革)素材

ポート USB 3.0×1、Mini DisplayPort×1、イヤフォンジャック、Surface Connect(電源および周辺機器接続用)
その他 Surface Dialを利用可能
バッテリー 最大14.5時間駆動

・「Surface Laptop」と「MacBook Pro 13インチTouchBarありモデル」のスペック比較

Surface Laptop MacBook Pro 13インチTouchBar付き
メーカー マイクロソフト アップル
タイプ 通常ラップトップ
価格 990ドル~2200ドル 17.8万円~
OS Windows10 S MacOS
厚さ 14.48mm 14.9mm
308.1 304.1
奥行 223.27 212.4
重さ 1.252kg 1.37kg
バッテリー 最大14.5時間 ネット10時間
CPU Core i5/i7MBAより50%高速動作 Core i5 2.9GHz(変更可能)
CPUスコア 4700
メモリ 最大16GB 16GB(変更可能)LPDDR3 2133MHz
ストレージ容量 最大512GB 1TB
ストレージ型 SSD
ディスプレイ 13.5型 13.0型
解像度 2256×1504 2560 x 1600
201ppi 227ppi
アスペクト比 3:2 16:10
無線LAN a/b/g/n/ac
ボディー アルミニウム素材
デザイン・ボディの特徴 キーボードベゼル:スエード調人工皮革)素材
ポート USB 3.0×1MiniDisplay

イヤフォンジャック

Surface Connect(電源および周辺機器接続)

USBーC×4Thunderbolt 3

DisplayPort

USB 3.1 Gen 2

SDカード 使用不可 使用不可
その他 Surface Dialを利用可能 有機ELタッチディスプレイ搭載

4.Kabylake(ケイビーレイク)の特徴

・インテルの新CPUコアKabylake」の特徴

Kabylake」は14nmプロセスを採用。

基本的には現行のSkylakeのリフレッシュ版・クロックアップ版であり、現行モデルからの大きな性能向上はないものと予想されている。

Intel-14nm-Kaby-Lake-2016-and-10nm-Cannonlake-2017-Roadmap-635x357

・インテル新CPUコア「Kabylake」の出荷時期と採用が予想されるデバイス

【モバイル向け】

・Uシリーズ:16年8月中旬~17年←「MacBook Air」「MacBook Pro 13インチ」

・Yシリーズ:16年8月下旬~17年←Suface Pro 5 低価格機

・Hシリーズ:16年12月下旬~17年←Suface Pro 5 高価格機

【デスクトップ向け】

・Sシリーズ:16年12月中旬~17年

・Cシリーズ:16年12月中旬~17年

なお、デスクトップ向けの「Core i7-7700K」、モバイルノート向けの「Core i7-7500U」、そして2in1及びUltrabook向けの「Core M7-7Y75」の3つのモデルは仕様がリークされている。

・Core i7-7700K(最新) vs. Core i7-6700(前モデル)

動作周波数/TB コア数 L3
Core i7-7700K 3.6GHz/4.2GHz 4 8MB
Core i7-6700K 4.0GHz/4.2GHz 4 8MB

・Core i7-7500U(最新) vs. Core i7-6500U(前モデル)

動作周波数/TB時 コア数 L3
Core i7-7500U 2.7GHz/2.9GHz 2 4MB
Core i7-6500U 2.5GHz/3.1GHz 2 4MB

・Core M7-7Y75(最新) vs. Core M7-6Y75(前モデル)

動作周波数/TB時 コア数 L3
Core M7-7Y75 1.3GHz/1.6GHz 2 4MB
Core M7-6Y75 1.2GHz/3.1GHz 2 4MB

【17年後半のSurface/デスクトップSurface/Suraface Phone】

New➾5.新型「new Surface Pro」では、17年後半にLTEモデルがリリース予定

マイクロ御首都によれば、新型「new Surface Pro」これまでのWi-Fiモデルに加え、LTEモデルも登場するとのこと。

6.17年に3つのSufaceシリーズ製品がリリース?

インドの開発者、シューブハン・チェーンバーカー氏がマイクロソフト本社を訪問した際にわかったこととしてレポートしたところによると、マイクロソフトは

  • 17年に3製品のSurface関連製品のリリース

を予定しているらしい。

➾そのうちの1機種、「Surface  Laptop」が5月2日に発表

7.iMacのようなデスクトップPCタイプのSurfaceが開発中?

台湾の経済マスコミ「DIGITIMES」が報じるには、マイクロソフトは現在、アップルのiMacのようなオールインワンタイプのSufaceを開発中だという。

発売は第3四半期中とのこと。

【Suraface Phone】

8.Suface Phoneリーク・噂スペック。64ビットWindowsアプリが実行可?

・予想本体画像

【ポイント】

x86アプリ対応、キーボードカバーなど、よりビジネスニーズに応えた作りに?

①:発売時期

2017年後半

②:スペック

テックサイト「MobiPicker」「Nokia Power User」他からの情報

OS Windows 10 Mobile
画面 5.5インチ
RAM 4GB/6GBの2モデル
解像度 WQHD(2560×1440)
CPU Snapdragon 835
カメラ LEDフラッシュ、カール・ツァイスブランド
その他 専用純正カバー対応、デザインはSurfaceと同じPanos Panay氏率いるデザインチーム
Windowsアプリ 6GBモデルはx86アプリに対応。4GBモデルは対応せず
ポート USB Type-Cポート
通信 4G LTE対応
価格 6000人民元(約10万1000円)程度

③:MS幹部の気になる発言

マイクロソフトのCMO(Chief Marketing Officer)Chris Capossela氏は次のようにコメントしている。

我々は携帯電話の世界で自分たちの立ち位置を理解している。携帯電話の分野で、真にSurface Proの精神に値するものが必要だ。それは、単にWindowsが好きな人向けの携帯電話というものを超えなくてはならない。

引用元:COMPUTERWORLD ”A Microsoft Surface Phone sure to come, but unlikely at MWC”

9.17年秋にWindows 10の大型アップデート Redstone 3がある?

・x86アプリにも対応?

2017年秋にWindows 10 の大型アップデートRedstone 3が行われ、そしてこのアップデートではx86アプリに対応するとの噂。

情報元:twitter.com/h0x0d/

スポンサーリンク