5年ぶりに新型「Thunderbolt Display」が登場?GPU搭載で5K解像度出力可能に。ただ、6月の発表は無い様子

スポンサーリンク

5年ぶりに新型「Thunderbolt Display」が登場?GPU搭載により5K解像度出力が可能に

thunderbolt

接続端子「Thunderbolt」に対応したMacとの接続を可能にするディスプレイ「Thunderbolt Display(サンダーボルト ディスプレイ)」。登場以来5年近くリニューアルされていないこの製品ですが、そろそろ新型が登場することになりそうです。

テックサイト「9to5Mac」が伝えるところでは、この新型「Thunderbolt Display」は現行モデルの4K解像度を上回る、5K(5,120☓2,880ドット)解像度にに対応。さらにこの高解像度での動作を可能にさせるためにGPUも内蔵されるとのこと。

これにより、搭載GPUが非力なMacBookやMacBook Proといった機種においても5K解像度の利用が可能になるとのことです。

最近では現行Thunderbolt DisplayがAppleStoreにおいて在庫切れが続いているということで、否が応にも新型モデル登場への期待が高まりますが、それでも9to5Macによれば、新型モデルはまだ開発中であり、6月のWWDCでの発表は無いとのこと。少し残念ですが、首を長くして待っていたいところです。

[9to5Mac]

Twiiterフォロー
スポンサーリンク
関連ページ

フォローする

スポンサーリンク