【まとめ】WWDC 2016まとめ全14トピック。iOS10、macOS、macでのSiri使用可など

スポンサーリンク

WWDC 2016のまとめ、全14トピックス

billgrahamwwdc2016-800x658

6月14日に開かれた米アップルの開発者会議「WWDC 2016」での発表内容、まとめページです。

1.iOS 10+Siriの新機能

アップル曰く「iOS 10は過去最大のアップデート」。ユーザーがより使いやすくなるような仕様に。詳しくは⇓

・主な機能

①:iCloudボイスメール機能が追加され、留守番電話を読み上げてくれる

Siriにボイスメール機能が追加。留守番電話の内容をSiriが読み上げてくれる。

②:メッセージアプリの改善

③:Siriのサードパーティへの提供

アップル以外の会社もSiriの機能を用いてのアプリ開発が出来るようになる。

④:3Dタッチの機能強化、お知らせ画面の改善

⑤:アップルミュージックのデザイン刷新と機能強化

デザインが新しくなるほか、「オススメ」機能と「検索」機能が強化される。

2.macOSへの改称と、MacでSiriが使用可能に

wwdc_siri_2016

①:OS Xが「macOS」に名称変更

コードネームは「Sierra」。

②:MacでもSiriが使えるように

これまでiOSでのみ提供されていた「Siri」がMac OS「OS X」でも使えるようになる。

このOS X版のSiriはメニューバーに表示、「ヘイ、Siri」でも起動できるようになるとのこと。

③:iPhoneでのロック解除が可能になる「AutoUnlock」

Bluetooth接続を用いて、iPhoneの指紋認証によるMacのロック解除が行えるように。

④:iPhoneでコピーした文章をMacに貼り付けることが出来る「Universal Clipboard」

3.tvOS 2

①:tvOS 2でSiriが操作可能に

Apple TVにおいて、Siriで操作できるように

②:1つのアプリで認証をすませば、他のアプリでは認証プロセスを省けるように

4.watchOS 3

①:手書き入力をテキストに変換する「Scribble」機能の追加

②:サイドボタンの長押しで911を呼び出せるように

5.Apple PayがMacでも使用可能に

apple_pay

①:日本では16年9月~10月にサービス開始?

モバイル決済サービスである「Apple Pay」がMacのWebブラウザ上で使用可能に。iPhoneの指紋認証機能を用いて決済可能になる

なお日本にはまだ上陸していない同サービスだが、日本では16年9月~10月に登場とのリーク情報が上がってきている(リーク元:海外リンク)。

Twiiterフォロー
スポンサーリンク
関連ページ

フォローする

スポンサーリンク