ソニー、新型PlayStation 4を開発中であることを認める

スポンサーリンク

SIEトップ、新型PlayStation 4.5 ”Neo”の存在を認める

PS4_02

ソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE)の最高経営責任者(CEO)を務めるアンドリュー・ハウス氏は経済誌「フィナンシャルタイムズ」とのインタビューにおいて、噂されている新型PlayStation 4の存在を認めました。

「PS4.5」とも「PS4K」とも 「PS4 ”Neo”」ともその名称が噂されている新型PS4ですが、ハウス氏によればこの新型機はこれまでの噂通り、性能をアップして4K解像度に対応現行のPlayStation 4より高価格になるそうです。

またこの新型PS4においても従来のPS4用ソフトはプレイ可能であり、そして新型機発売後も現行PS4は引き続き販売されるとのこと。

現行のPS4の2~3倍ほどの性能とも噂されている新型PS4ですが、ハウス氏はこの新型PS4の性能・発売日・価格など詳細を述べることは避けました。しかし年内発売とも噂されており、近い将来において、具体的な発表があるのかもしれません。

[financial times]

Twiiterフォロー
スポンサーリンク
関連ページ

フォローする

スポンサーリンク