米国任天堂レジ―社長、NXに性能は求めていないことをアピール

スポンサーリンク

米国任天堂レジ―社長、NXに性能は求めていないことをアピール

nx

任天堂の米国法人、任天堂・オブ・アメリカのレジ―・フィザメイ社長は大手経済メディアのウォール・ストリート・ジャーナルとのインタビューに応じ、「任天堂はコンソール戦争の外にあり、任天堂が来年3月に発売する予定の次世代ゲーム機NXでは性能を追求することはしない」ことをアピールしました。

https://www.youtube.com/watch?v=Xhl5sk9i6Mk&feature=youtu.be

NXについては、これまでも何度か君島任天堂社長の口から「WiiUの単純な後継機種ではない」ことが語られてきたわけですが、今回のレジ―米国法人社長による「性能追及否定発言」に対しては、ゲームユーザーの間で波紋を呼びそうです。

従来から任天堂は

①:ハードやソフトのメイン顧客層がお子様など低年齢層であり、そのため高価格のゲーム機は発売できない

ことから、製品戦略において、

②:低コストかつ高付加価値な製品提供を目指す”ブルー・オーシャン”戦略

が採用されてきた(例:Wiiリモコン、DSのタッチパネルと2画面、3DSの立体視)わけですが、NXについても、このブルー・オーシャン戦略が基本線上にあるわけでしょうか。

Twiiterフォロー
スポンサーリンク
関連ページ

フォローする

スポンサーリンク