SIE社長「新型PS4”Neo”は、最後のPS4アップグレード機。その次の”新型モデル”は出さない」

スポンサーリンク

SIEハウスCEO「新型PS4”Neo”は、最後のPS4アップグレード機になる」

ps4k-620x349

【わかりやすい3行まとめ】

①:新型PS4は最後のPS4のアップグレードモデルとSIEのCEOが発言

②:新型PS4発売後もゲーム機の基本的な投入サイクルは変えない、とのこと

③:すなわち、新型PS4発売後、それほど遠くない時期でのPS5発売もありうる?

ーーー

【本文】

ソニーのゲーム部門、ソニー・インタラクティブ・エンタテインメントの代表取締役CEO、アンドリュー・ハウス社長は東京で開催された投資家向け説明会において、現在ソニーが開発中の新型PlayStation 4が「最後のPS4アップグレードモデル」であり、「それ以降の新型PS4は発売しない」ことを明らかにしました。

ハウス氏によれば、この秋での発表が噂される新型PlayStation 4発売後、1年か2年後での更なる新型モデルは発売は行わず、また、ゲーム機の発売サイクルもこれまで通りの6年単位で行うとのこと。

すなわち、新型PS4発売後、それほど遠くない時期(2019年ごろ?)にPlayStation 5が登場することもあり得そうです。

ソニーPlayStationシリーズは度々新型モデルを発売することで知られており、2013年に発売された現行PlayStation 4の最新モデルは2015年6月発売の「CUH-1200」。ただ今回の発言はあくまでも「新型PS4発売後にアップグレード機は出さない」とのことなので、騒音対策や軽量化などマイナーなチェンジを行った「アップデート機」は新型PS4でもリリースされるのかもしれません。

新型PlayStation 4は今年9月の東京ゲームショーや10月での発表が噂されています。またゲーム関係のアナリストで知られるウェドブッシュストラテジーズのマイケル・パクター氏は、新型PS4の発売日を「2017年中ごろ」と予想しています。

[en.yibada.com]

Twiiterフォロー
スポンサーリンク
関連ページ

フォローする

スポンサーリンク