Galaxy Note7、モバイルデバイスとして初となるHDR10ディスプレイ採用

スポンサーリンク

Galaxy Note7、モバイルデバイスとして初となるHDR10ディスプレイ採用

Note-7-HDR-head

本日発表されたサムスンの最新ファブレット「Galaxy Note 7」ですが、同ファブレットはモバイルデバイスとしては初となる「HDR10」ディスプレイを搭載します。

HDR10は最新「HDR(ハイ・ダイナミック・レンジ)規格」の一つであり、現行規格より明るさ(輝度)・色・解像度などの画質の表現力が大幅に向上するのがポイント。

(iPhoneやXperiaなどスマホのカメラ機能でよく見かける写真の合成技術「HDR」とは異なります。)

最近対応プレーヤーも発売されたUltra Blu-rayやNetflixなど4K映像配信サービスの多くが同規格を採用しています。

例えば輝度(明るさ)においては、人間の視覚が現実世界で捉える明るさにより近くなり、最大10,000ニット程度まで拡大。

・現行ディスプレイ(左)とHDRディスプレイ(右)の違い

galaxy_Note-7-HDR

また輝度でなく、色空間もbt.2020へ拡大され、これまでのbt.709規格において35%をカバーするのみだったCIEカラースペクトラムでは75.8%までを占めるようになります。

DCI-P3-vs-Rec.709-vs-Rec.2020

対応する色空間。一番外枠の破線がbt.2020

Galaxy Note 7は海外では8月19日に発売予定となっています。

HDRディスプレイと言えば、Xperiaの次期モデルでもその搭載が噂されるところですが、さて果たしてどうなるのでしょうか。

[phonearena]

Twiiterフォロー
スポンサーリンク
関連ページ

フォローする

スポンサーリンク