新型PS4の内部資料が流出。10月発売でPSVRと同時発売?グラフィック性能は今のPS4の2.3倍。フルHD録画機能も

スポンサーリンク

新型PS4の内部資料が流出。10月発売でPSVRと同時発売?フルHD録画機能も

PlayStation-NEO_0

7月下旬に新型PlayStation 4”Neo”のスペックや仕様についての極秘資料と思われるものが流出していました。具体的な内容はこれまでに漏れていたものとそう変わりないですが、新たに10月発売を裏付けるものフル1080P録画機能が追加予定であることが明らかになっています。

なおこのフルHD録画機能の追加予定日時は未定とのこと。

元々この10月発売のPSVRのために開発された新型PS4ですが、10月発売となるとPSVRと同時に発売されるでしょうか?

なお新型PS4のコードネームは「ネオ」でPSVRのコードネームは「モーフィアス」。これはいずれもソニーが制作しキアヌ・リーブスが主演して大ヒットした映画『マトリックス』にちなんでいます。

【流出した内部資料の内容】

・新型PS4は現行PS4のバージョンアップであり、同じゲーム、同じオンラインコミュニティ、同じオンラインストア、同じユーザーエクスペリエンスが提供される。

・10月以降、全てのソフトウェアメーカーは現行PS4/新型PS4を両方ともサポートしなくてはいけない⇒ということは10月発売?

・新型PS4のCPUは現行PS4と同じAMD”Jaguar”(ジャガー)。クロック周波数をアップしたものを搭載し、性能が1.3倍向上

現行PS4 Jaguar 8コア1.6GHz
新型PS4 Jaguar 8コア2.1GHz

・グラフィックス性能は現行PS4の2.3倍(TFLOPS換算;1秒間あたりの浮動小数点数演算の回数)

現行PS4 18 CUs 800MHz
新型PS4 36 CUs 911MHz

[ゲーム機やモバイル端末のグラフィックス性能(TFLOPS)]

Xbox One scorpio(17年後期発売) 6.0
新型PS4 ”Neo” (リーク情報を基に計算) 4.23
現行PS4 1.84 
Xbox ONE 1.31
Tegra X1(ニンテンドーNXに搭載との噂) 0.512
Snapdragon 820/Apple A9(XperiaXPerformance,iPhone6s) 0.41
Wii U 0.35
Snapdragon 810(Xperia Z5) 0.32
PS3 0.22

・メモリは現行PS4と同じく8GB。一方、帯域は現行PS4の1.24倍

現行PS4:帯域176GB/秒

新型PS4:帯域218GB/秒

・フルHD1080P録画機能を追加予定(追加日時未定)

・CPUとGPUのリソース比率は現行PS4と同じ

・ハードディスクドライブは現行PS4と同じ

・4KTVにつないだ時に3840×2160の解像度になるNEOモードで使用できる物理メモリは、現行PS4の5GBに512MBを追加して計5.5GB

・4K解像度へのアップスケーリング機能。4K2160P未満の解像度の映像を変換する

・Neoモードでは同じゲームを今のPS4で稼働させた場合に比べ、フレームレート(コマ数)の増加や安定しヌルヌルなめらかな映像が可能になり、そのほかグラフィック機能が追加される。

[60FPS高フレームレート(右)と30FPSフレームレート(左)の違い]

https://www.youtube.com/watch?v=QksH65BmjK4

流出した内部資料

PS4_neo (4)

PS4_neo (5)

PS4_neo (2)  PS4_neo PS4_neo (3)

[ps4daily]

Twiiterフォロー
スポンサーリンク
関連ページ

フォローする

スポンサーリンク