アップル、17年に10.5インチiPad Proをリリース、18年に有機EL版iPadを投入&iPadの大変革を実施

スポンサーリンク

iPad、2017年には10.5インチモデル、18年には有機EL搭載モデルが登場?

IPADPRO9.7

【わかりやすい3行まとめ】

・iPadは17年にこれまでの正常進化モデル、18年に大変革モデルがリリースされると著名アナリストが予測

・17年モデルは新しく10.5インチモデルが加わり、最新チップを搭載

・18年モデルは操作体形の抜本的変更と折り曲げ可能な有機ELディスプレイを搭載

ーーー

【本文】

その情報の正確さで定評のある台湾KGI証券のアナリスト、ミンチー・クオ氏が2017年以降発売のiPadの製品展開について予測しています。

クオ氏によれば、アップルは2017年には新しく3モデルとして、

・12.9インチ iPad Pro 2 (A10X搭載)

・10.5インチ iPad(A10X搭載)

・9.7インチ iPad Pro(現行モデルと同じA9X搭載)

を提供するとのこと。

この際、上位の2モデルである12.9インチiPad Pro 2と10.5インチiPadは共にTSMC(台湾センコンダクターマニュファクチュアリング)製10nm最新チップセット「A10X」を搭載。

一方で、9.7インチiPad Proは大きな変更は行われずチップセットは現モデルと同じA9Xのままであり、A10Xの搭載は2018年のモデルまで行われないとクオ氏はしています。

2017年~18年はiPhone/iPad大変化の年?

これでも十分魅力的なラインナップのような気もしますが、クオ氏によればこの2017年の変更はあくまでも”保守的なもの”であり、現在不振を極めるiPadシリーズの売り上げは”真の革新的なモデル”が登場する2018年まで回復しないそう。

同氏によると、現在、アップルは2018年の発売に向けiPadの根本的なリデザインを行なっており、その結果として折り曲げ可能な有機ELパネルを搭載したiPadが登場、このモデルはこれまでのものから操作体形が大きく変更されるとのことです。

折しもiPhoneは来年2017年登場の「iPhone 8」で有機ELディスプレイと操作体形の変更がおこなわれると言われており、2017年のiPhone、そして2018年のiPadと連続して大幅な変更が行われるようです。

[appleinsider]

Twiiterフォロー
スポンサーリンク
関連ページ
スポンサーリンク