本体発火不具合から全機種リコールのGalaxy Note 7、9月から発売された中国ではバッテリー供給元が変更に

スポンサーリンク

本体発火不具合から全機種リコールのGalaxy Note 7、9月から発売された中国ではバッテリー供給元が変更に

galaxy_note_7burn-top-l

本体出火となったGalaxy Note 7

バッテリーの不具合による本体発火が多数のユーザーから報告され、ついには発売されている20か国でリコールとなったサムスンの新型ファブレット「Galaxy Note 7」。

つい9月1日から新しく発売された中国などの地域では、バッテリーの供給元が変更されたそうで、サムスンが公式コメントとしてアナウンスしました。

Galaxy Note 7の日本発売は今のところ未定です。

[gsmarenaphonerader]

Twiiterフォロー
スポンサーリンク
関連ページ

フォローする

スポンサーリンク