「ミニファミコン」、日本版と海外版の違いまとめ4つ。海外版はコントローラ大きく、WiiU用クラシックコントローラとしても使用可。FF1も収録

スポンサーリンク

日本版「ミニファミコン」以上に魅力的なのが海外版「ミニNES」?

・コントローラ大きく、WiiU用クラシックコントローラとしても使用可能。FF1も収録

nes_4

先日発表されたミニファミコン「ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ」ですが、実は日本版以上に魅力的かもしれないのが海外版「ミニNES(正式名:NES Classic Editon)」。2つを比べてみると、そこそこ違いがあるようです。

【日本版と海外版の主な違い、比較表】

日本版 海外版
①:コントローラの大きさ
②:付属コントローラ数 2 1
③:付属コントローラがWiiUクラコンとしても使えるか 不明(おそらく×) ○(9.99ドルで単品販売も
④:WiiUクラシックコントローラを使用できるか 不明(おそらく×)
⑤:FF3 ×
⑥:FF1 ×
⑦:ドラキュラII ×
⑧:くにおくんシリーズ ×

【くわしい違い】

実は海外版は、

①:コントローラが大きい

②:コントローラがWii/WiiUでクラシックコントローラとして使える&WiiUクラコンでNESミニがプレイできる

③:FF1やドラキュラ2、テクモボウルなど日本版にはないタイトルが遊べる

④:付属コントローラ数が日本版は2個、海外版は2個

など、ミニファミコンにはない特徴があります。

【収録タイトルの違い】

日本版のみ 海外版のみ
アトランチスの謎 テクモボウル
イー・アル・カンフー ドラキュラII呪いの封印
ソロモンの鍵 ドンキーコングJr.
ダウンタウン熱血行進曲 それゆけ大運動会 バブルボブル
ダウンタウン熱血物語 パルテナの鏡
つっぱり大相撲 パンチアウト!
ファイナルファンタジーIII ファイナルファンタジー
マリオオープンゴルフ StarTropics

ミニNESの特徴①:コントローラが大きい

日本版のミニファミコンで唯一残念なのがコントローラの大きさ。

これはデザイン上、仕方なかったのかもしれません。しかし、PV映像で持っているところを見ても設計図を見ても、どう見てもこの大きさは小さく扱いづらそう

famicon_mini

famicon_mini_2

設計図から推測するに、ミニファミコンのコントローラの横幅は10cm程度。例えば3.5インチiPhone 4sの縦幅が11cm程度なので、いかに小さいかがわかるというもの。

一方ミニファミコンの海外版、ミニNESこと「NES Classic Edition」では、手の大きな海外ユーザーに小さなコントローラを持たせるのは酷だということなのか、ちゃんとコントローラは大きいサイズなまま。

・NES Classic Editionの解説動画

https://www.youtube.com/watch?v=45m1ZrRDHJM&spfreload=10

nes_2

nes

nes_3

結果、コントローラの横幅がミニNES本体の横幅とほぼ同じサイズということになっているのですが、仕様をうかがうに最低20cmほどはある嬉しいサイズとなっています。

ミニNESの特徴②:取り外し可能なコントローラがWii U用クラシックコントローラとしても使える

またすごいのは、ミニNESのコントローラはWii リモコンに接続してWii/Wii Uバーチャルコンソール用のクラシックコントローラとして使えるということ。

確かにミニNESをよく見ると、コントローラポートはWii リモコン接続端子のそれになっています。また接続ポートが同じなので、ミニNESにWiiUクラコンを接続して遊ぶといったことも可能となっています。

nes-classic-edition-front

ミニNESの特徴③:日本版には収録されていないソフトで遊べる

ミニNESはミニファミコンと同じく30本のソフトが収録。

ほとんどの収録タイトルはミニファミコンと同じタイトルですが、一部、日本版には収録されていない「スーパーマリオUSA」や「ドラキュラII 呪いの封印」「テクモボウル」「ファイナルファンタジー1」「パンチアウト!」といったソフトが収録されています。

【収録タイトルの違い】

日本版のみ 海外版のみ
アトランチスの謎 テクモボウル
イー・アル・カンフー ドラキュラII呪いの封印
ソロモンの鍵 ドンキーコングJr.
ダウンタウン熱血行進曲 それゆけ大運動会 バブルボブル
ダウンタウン熱血物語 パルテナの鏡
つっぱり大相撲 パンチアウト!
ファイナルファンタジーIII ファイナルファンタジー
マリオオープンゴルフ StarTropics

・ファイナルファンタジー

https://www.youtube.com/watch?v=1QacOrCLlZg

・ドラキュラII 呪いの封印(海外タイトル:「Castlevania II: Simon’s Quest」)

https://www.youtube.com/watch?v=CYf1fJIWYuY

・StarTropics 

ディレクターはあの竹田玄洋氏

https://www.youtube.com/watch?v=eAMJXN7zeyI

ということで、もしかしたら日本版以上に魅力的かもしれない海外版「ミニNES」。

発売は日本と同じ11月10日、価格は59.99ドル。海外では8月から予約が始まりましたが、あまりの人気のため既に予約は締め切られ、初期出荷分は完売しています。

リンク:任天堂アメリカ

Twiiterフォロー
スポンサーリンク
関連ページ
スポンサーリンク

コメント

  1. 匿名 より:

    マリオUSAはミニファミコンにも収録されていますよ