【レビュー】シャオミRedmi 3S、1か月使用実機レビュー。1.4万円ほどの安さでサクサクレスポンス。80点

スポンサーリンク

シャオミRedmi 3S実機レビュー。1.4万円ちょっとの安さでサクサクレスポンス

redmi3s-6

海外で販売されている製品を買うことができる通販サイト「Gearbest.com」さんから中国シャオミ製スマートフォン「Xiomi Redmi 3S」の提供を受けたので、1か月半ほど使用してのレビューを行います。

シャオミといえば安さの割に高い品質の製品づくりで知られますが、果たして本機はどうでしょうか。

【レビュースコア&ここが○×】

・レビュースコア:80

使用期間:1か月半ほど

ここが○ ここが×
1万円ちょっとの安さ 日本語表示ができない(アプリをDLして設定すれば日本語使用もできるが)
廉価製品とは思えぬ高級感ある作り ホームボタンがディスプレイ外にある
サクサク動く。UIも使いやすい LTE対応バンドが1800/2100/2600MHzだけと対応幅が狭い
きれいな写真が撮れる Antutu1.4万点なのでゲームには向いていない

【Redmi 3Sの特徴】

・本体価格1万円台だけど、高級感ある造り

redmi3s-6

redmi3s-5

価格1万円台前半の本機「Redmi 3S」。それもあってかボディは金属風なプラスティック製ですが、チープさを感じることはありません。

外縁エッジ部の光沢も加えて、本体の安さの割には高級感ある造りとなっています。

・サクサクレスポンス&Antutuスコア1.4万点

CPUはSnapdragon 430 オクタコア1.4GHzを搭載。

Antutuベンチマークスコアでは14315点を記録しました。決して高いスコアではありませんが、通常の使用ではサクサク快適に使用することができ、日常の使用において特に困ることはありません。

・ホーム画面とAntutu1.4万点

[wc_row][wc_column size=”one-half” position=”first”]

redmi3s

[/wc_column][wc_column size=”one-half” position=”last”]

redmi3s-2

[/wc_column][/wc_row]

・GoogleNexusのようにアプリのアンインストールもカンタン

redmi3s-8

・日本語表示なし

数少ない本機の残念なところがコレ。当然といえば当然なのかもしれませんが、言語選択において日本語を選ぶことができません。

もちろん、ツールアプリを使用すれば日本語表示にすることはできますが…。

redmi3s-7

・指紋認証

背面に設置された指紋認証も軽快。認証速度はさすがにXperiaやiPhoneなど高級機には劣るが不満を抱くほどではなく、認証精度も優れています。

・ディスプレイはハイエンドモデル並みに高品質

1万円モデルとはいえ、ディスプレイの品質もなかなか優れたものとなっています。使用しているXperia X Performanceと比べると次の通り。

・左:Redmi 3S 右:Xperia X Performance 

xperia_redmi3s

まあさすがに7~8万円する高級スマホのXperiaに比べれば劣りますが、それでも遜色ないものとなっています。通常使用していて、視野角・明るさ・コントラストなどで不満に思うことはありません。

安いスマホは大抵においてディスプレイの品質を落としているものが多いので、これは中々のオドロキ。

またディスプレイ解像度はHDですが、こちらも使用していて不鮮明さを感じるようなことはありません。

なおテックサイトPhonearenaによる計測では、Redmi 3Sは明るさ460ニット、コントラスト1:1500程度と、XperiaやiPhoneなど高級スマホ並みのスコアを記録しています。

・写真:Xperia Z5と撮影した写真との比較

廉価なスマホですが他の部分と同様、撮影写真も高画質。まあそれでもXperia Z5で撮影したものを比べると、さすがに明るさなど違いはありますが。

なお動画はフルHD30fps撮影が最大です。

・Redmi 3S

nagoya_redmi3s

・Xperia Z5

nagoya_z5-1

・注意点:使用可能な容量の少なさ&ホームボタンの位置

注意点としては、本体記憶容量が16GBなので、OS分を抜くと実際にできる容量は7GB程度しかないというのがあります。

redmi3s-5

またホームボタンはディスプレイ表示ではなく、海外のハードでよくあるハード上に設置されるタイプのものなので、暗い場所などでは操作にまごつくことがあります。

そのほか、LTE周波数は1800/2100/2600MHzのみ対応と、いささか対応幅が狭いものとなっています。

【スペック】

OS Android 6.0.1/MIUI 8
CPU Qualcomm MSM8937 Snapdragon 430
画面 5.0インチIPS液晶、解像度HD720 x 1280
画面密度 294ppi
重さ 144g
SIM デュアルSIM
SDカード microSDカード128 GBまで (SIM 2スロットを使用)
メモリ 2 GB
容量 16 GB
カメラ 1300万画素、f/2.0、LEDフラッシュ、フルHD撮影
前カメラ 500万画素、f/2.2
サイズ 139.3 x 69.6 x 8.5 mm
Wi-Fi 802.11 b/g/n
通信 2G: GSM 900/1800/1900MHz

3G:

WCDMA 850/900/1900/2100MHz

CDMA 2000 BC0

4G: FDD-LTE 1800/2100/2600MHz

USBポート microUSB v2.0
バッテリー 4100 mAh

【まとめ】

Gearbestさん曰く「自信をもって提供する」という今回の「Redmi 3S」。

確かにその通りで、安さにもかかわらずサクサク動きコストパフォーマンスが実によく、質の高い製品との印象を受けました。

LTE帯域の狭さや日本語表示ができない点など、気になるところが無いわけでは無いですが、お買い得なスマホだといえるでしょう。

参考文献

The Redmi 3S is a budget friendly smartphone featuring a 5-inch IPS display, octa-core Qualcomm Snapdragon 430 chip, either 2 or 3 GB of RAM paired with 16 and ...

Twiiterフォロー
スポンサーリンク
関連ページ

フォローする

スポンサーリンク