ドコモが「Xperia XZ SO-01J」「Xperia X Compact SO-02J」を発表。XZはこれまでの高性能Xperiaよりバッテリー持ちがかなり良い

スポンサーリンク

ドコモが「Xperia XZ SO-01J」「Xperia X Compact SO-02J」を発表

xperia_xc_docomo

NTTドコモが本日2016年冬春モデルの発表会を開催、新モデルとしてAndroidスマートフォン7機種が発表されました。

前々から存在が明らかになっていた「Xperia XZ SO-01J」「Xperia X Compact SO-02J」も発表されています。発売は両機種ともに11月上旬。相変わらずドコモのロゴが目立つデザインが特徴的。

・Xperia XZ SO-01J

xperia_xz_docomo_2

xperia_xz_docomo

・Xperia X Compact SO-02J

xperia_x_c_docomo_2

xperia_x_c_docomo

・XZはこれまでのフラグシップXperiaよりバッテリー持ちがかなり良い(公称値)

両機種とも基本的なスペックはグローバル版と同じですが、ドコモ版の特徴として、例えばXperia XZは3波キャリアアグリゲーションや256QAMに対応し、下り最大500Mbpsでの通信が可能。

またフラグシップXperiaといえば電池持ちが微妙なことで知られますが、Xperia XZではバッテリー実使用時間がXperia X PerformanceやXperia Z5などを大幅に上回る公称95時間ということで、 これは期待できそうです。

・これまでのXperiaの実使用時間一覧

デバイス ドコモ計測実使用時間
Xperia X Compact SO-02J 95時間
Xperia XZ SO-01J 95時間
Xperia Z5 Compact SO-02H 85.6時間
Xperia Z1 f SO-02F 83.6時間
Xperia Z3 SO-01G 81.0時間
Xperia X Performance SOV33 80時間
Xperia Z2 SO-03F 79.2時間
Xperia Z3 Compact SO-02G 78.3時間
Xperia A4 SO-04G 78.0時間
Xperia Z5 SO-01H 77.4時間
Xperia Z5 Premium SO-03H 77.0時間

・スペック

Xperia XZ
SO-01J
Xperia X Compact
SO-02J
OS Android 6.0
画面 5.2インチ 4.6インチ
解像度 フルHD1080×1920 HD720×1280
サイズ 72×146×8.1mm 65×129×9.5mm
重量 161g 135g
CPU Snapdragon 820
2.2GHz+1.6GHz
(クアッドコア)
Snapdragon 650
1.8GHz+1.4GHz
(ヘキサコア)
メモリ 3GB
容量 32GB
32GB 32GB
SD microSDXC(最大256GB)
最大通信速度 下り最大500Mbps 下り最大262.5Mbps
対応バンド LTE:1/3/4/5/7/12
/13/17/19/21/28
/38/39/40/41
W-CDMA:1/5/6/19
LTE:1/3/5/7/12
/17/19/21/28
/38/39/40/41
W-CDMA:1/5/6/19
対応周波数 2GHz/1.7GHz/1.5GHz/800MHz/700MHz
キャリア
アグリゲーション
○(2GHz+1.7GHz
+800MHz、
256QAM対応)
○(2GHz+1.7GHz)
VoLTE ○(HD+)
無線LAN IEEE802.11ac
(2.4/5GHz対応)
IEEE802.11ac
(2.4/5GHz対応)
メインカメラ 2300万画素
前面カメラ 1320万画素
バッテリー 2900mAh 2700mAh
FeliCa/NFC ○/○ ○/○
ワンセグ
/フルセグ
○/○ ○/×
赤外線通信 × ×
防水防塵 IPX5,8/IP6X
指紋認証 ○(指紋認証)
連続待受時間
(LTE/3G)
約590時間
/約650時間
約540時間
/約600時間
連続通話時間
(LTE/3G)
約1350分
/約850分
約850分
/約730分
カラバリ フォレストブルー、プラチナ、ミネラルブラック、ディープピンク ミストブルー、ホワイト、ユニバースブラック、ソフトピンク
発売時期 11月上旬 11月上旬
G
M
T
Xperia XZ SO-
Twiiterフォロー
スポンサーリンク
関連ページ
スポンサーリンク