日本発売も!Huawei Mate 9/Lite/Pro・Porscheまとめ。高画質化デュアルカメラ、Kirin960、4000mAhバッテリー

スポンサーリンク

Huawei Mate 9/Lite/Pro・Porscheまとめ。高画質化デュアルカメラ、Kirin960、4000mAhバッテリー

更新履歴

4/20:「⑥:写真性能はiPhone 7とほぼ同じスコアの高性能」

【Mate 9】

https://www.youtube.com/watch?v=96N2k2heltg

①:Mate 9のポイントとスペック。12/19日本発売

発売日と価格

発売日:12月16日、価格:6万800円(税別)

ポイント:

・最新プロセッサ Kirin 960搭載

・5.9インチの大画面

・ライカブランドのデュアルカメラは高画質化に使用

・バッテリー容量4000mAh。さらに高速充電で20分で一日分の充電が可能

・Mate 9のスペック

価格 6万800円(税別)
カラー シャンパンゴールド・ムーンライトシルバー
OS Android 7.0 Nougat (EMUI 5.0)
CPU Kirin960オクタコア (Cortex-A73 2.4GHz+ A53 1.8GHz)
GPU Mali-G71 MP8
メモリ 4GB
画面 5.9インチIPS
解像度 フルHD1080 x 1920
SDカード microSDカード対応(最大256GB)
容量 64GB
カメラ 2000万画素モノクロセンサー+1200万画素RGBセンサー、4K撮影可能、ライカブランド
前面カメラ 800万画素、F値1.9
通信 802.11 a/b/g/n/ac(2.4/5.0GHz)、BTv4.2+ LE
サイズmm 156.9×78.9×7.9
重さ 190g
 通信方式 日本版

[SIM 1]

FDD-LTE : B1/2/3/4/5/7/8/9

/12/17/19/20/25/26/28/29

TDD-LTE : B38/39/40/41

LTE CA DL(国内) : B1+B19/B3+B19/B1+B8

/B1+B3+B8

UMTS: B1/2/4/5/6/8/19

TD-SCDMA: B34/39

CDMA2000: BC0

GSM:850/900

/1800/1900MHz

[SIM 2]

UMTS: B1/2/4/5/6/8/19

CDMA2000: BC0

GSM:850/900

/1800/1900MHz

LTE通信速度 Cat.12(下り最大600Mbps)
バッテリー容量&持ち時間 4000mAh

20分で1日分の充電可能。Mate8より50%早い充電速度

動画再生:20時間

音楽再生:105時間

3G通話:30時間

4Gネット:20時間

ポート USB Type C (High Speed/OTG対応)
SIM Nano SIM x 2
DSDS(デュアルスタンドバイ) 〇対応
LTEプラチナバンド対応状況(山間部・郊外など田舎でも繋がる) ドコモ・B19/B28:〇/〇

au・B18/B28:×/〇

ソフトバンク・B8/B28:〇/〇

3GドコモFOMAプラスB6対応(田舎でも繋がる)
ジャイロスコープ 〇(ジャイロスコープはポケモンGOに必須)

②:Mate 9のLTE対応状況とキャリア3社の使用バンド帯

高級機種だけあって、多くのバンド帯に対応

Mate9の対応LTEは日本版準拠

バンド 1 2 3 4 5 7 8 9 11 12 17
本機
D
a
S

バンド 18 19 20 21 25 26 28 29
本機  ○
D
a
S

D・・・ドコモ、a・・・au、S・・・ソフトバンク

参考:周波数帯&バンド帯一覧表

・NTTドコモのバンド帯の説明

メインはバンド1、次いでバンド19なので、ドコモ対応の格安SIMを選ぶ場合は両バンドに対応した機種を選びたいところ

周波数帯 説明
B1 2.1GHz帯 メインバンド。下り最大37.5〜112.5Mbps。カバー範囲は全国
B3 1.7GHz 下り最大150Mbps。東京、大阪、名古屋のみ。
B19 800MHz帯 下り最大75Mbps。郊外や山間部で使用。遮断物に強く、建物の中にも届きやすい。いわゆるプラチナバンド
B21 1.5GHz帯 下り最大112.5Mbps。北海道、東北、四国、北陸。
B28 700MHz帯 15年1月より使用。都市部。いわゆるプラチナバンド

・auのバンド帯の説明

auはドコモと異なり、各バンド帯ごとでのエリアの公表をしていないのが難点。ただメインはバンド18

周波数帯 説明
B1 2.1GHz帯 通常エリア:下り最大37.5〜50Mbps。
CA対応エリア:下り最大150Mbps。
B11 1.5GHz帯 下り最大 75Mbps。エリア狭らしい
B18 800MHz帯 下り最大37.5〜150Mbps。auのメイン周波数帯。建物内も強いプラチナバンド
B26 800MHz帯
B28 700MHz帯 15年から利用開始。プラチナバンド
・ソフトバンク&Y!mobile LTE回線
周波数帯 説明
B1 2.1GHz帯 ソフトバンクのメインバンド。下り最大37.5〜112.5Mbps。4GLTE.
B3 1.8GHz Y!mobileのメインバンド。下り最大75Mbps。4GLTE.
B8 900MHz帯 下り最大75Mbps。プラチナLTE。
B11 1.5GHz帯 下り最大42Mbps。
B28 700MHz帯 15年より使用。プラチナLTE

③:最新Kirin960プロセッサーを搭載

mate_9

ファーウェイの最新チップセット「Kirin960」を搭載し、

CPU性能:18%アップ

グラフィック性能:180%アップ

④:ライカ製デュアルカメラは2種類のセンサーで高画質化

mate_9

ライカブランドのデュアルカメラは、片方は1200万画素のRGBセンサー、もう片方は2000万画素のモノクロセンサーを搭載する。

RGBセンサーは生き生きとした色彩を、そしてモノクロセンサーはディティールを捉えるといった感じで、デュアルセンサーが高画質化に用いられている

⑤:バッテリー4000mAh、20分で一日分の充電可

バッテリー容量は4000mAh。さらにファーウェイのチャージ技術により20分で1日分使用できる充電が可能Mate8より50%早い充電速度を達成。iPhone 7 Plusよりフル充電時間が4倍速いという。

・Mate 9とMate 8のバッテリー性能比較

Mate 9 Mate 8
容量 4000mAh 4000mAh
動画再生 20時間
音楽再生 105時間 98時間
3G待機 528時間
3G通話 30時間
4Gネット 20時間

New⇒⑥:写真性能はiPhone 7とほぼ同じスコアの高性能

調査会社の「DxOMark」によるカメラテストでは、スコア点数は85点。

アップルiPhone 7やLG G5、サムスンGalaxy Note Vの86点とほぼ同じ点数LG V20とまったく同じスコア結果と、5万円台のスマホとは思えない高性能

・写真性能

総合スコア 87
露光・コントラスト 88
84
オートフォーカス 90
テクスチャ 91
ノイズ 88
人工物 81
フラッシュ 81

優れた点

・細部もきれいに撮れる

・正確なホワイトバランス

・適切な露光

良くない点

・曇りの日での撮影

・ゴーストが写る

・カラーキャストが起こる

ゴーストとは・・・

レンズ面で複雑に反射を繰り返した光がはっきりと画像として写ったもののこと

iphone_ghost

右図が「ゴースト」が起こった写真。右上部、太陽光がレンズに反射している (出典元:パナソニック)

カラーキャストとは・・・

黄色がかった不自然な色合いのこと。室内でフラッシュを使用せずに撮影した写真などでよく発生する。

・左がカラーキャスト

iphone_colorcast

・動画性能

総合スコア 82
露光・コントラスト 87
84
オートフォーカス 83
テクスチャ 84
ノイズ 81
人工物 79
手ブレ補正 76

優れた点

・細部もきれいに撮れる

・すぐれた手ブレ補正

・適切な露光

良くない点

・歩きながら撮ると、ジェロ効果(画像のゆがみ)が起こる

・暗い下で撮るとノイズが見える

・暗い下で撮ると細部が正確に撮れない

ジェロエフェクトの一例

jello

【Mate 9 Lite】

⑦:Mate 9 Liteも登場

Mate9との違いは、プロセッサ、OSなど

p9_lite-4

p9_lite-5

・Mate 9 Liteと/Mate 9のスペック比較

OS Android 6.0 (EMUI 4.1)
CPU Kirin655オクタコア(4×2.1GHz

+4×1.7GHz)

GPU
メモリ 3GB/4GB
画面 5.5インチ
解像度 フルHD1080 x 1920
SDカード 不明
容量 32G/64GB
カメラ 1200万画素+200万画素。1.25μm、0.3秒フォーカス
前面カメラ 800万画素
通信 802.11b/g/n、 2.4GHz+ BT4.1
サイズmm 150.9×76.2x 8.2
重さ 162g
ネットワーク 不明
LTE通信速度 不明
バッテリー容量 3340mAh
ポート
SIM
DSDS(デュアルスタンドバイ)
LTEプラチナバンド対応状況(山間部・郊外など田舎でも繋がる)
3GドコモFOMAプラス対応(田舎でも繋がる)
ジャイロスコープ(ポケモンGOに必須)
価格

【Mate 9 Pro/Mate 9 ”ポルシェ” DESIGN

⑧:Mate 9 Proも登場。約7.47万円から

huawei-mate-9-pro-6

huawei-mate-9-pro-1

当初発表されていなかったMate 9 Proも発表。すでにアナウンスされていた”ポルシェモデル”との違いは、メモリ、ストレージ容量など

・価格:

4GBメモリ+64GBストレージモデル:4699人民元:約7.47万円

6GBメモリ+128GBストレージモデル:5299人民元:約8.4万円

・スペック:

OS Android 7.0 Nougat (EMUI 5.0)
CPU Kirin960オクタコア (Cortex-A73 2.4GHz + A53 1.8GHz)
GPU Mali-G71 MP8
メモリ 4GB/6GB
画面 5.5インチ有機EL、両面エッジカーブデザイン。解像度2560×1440
SDカード microSDカード対応
容量 64GB/128GB
カメラ 2000万画素モノクロセンサー+1200万画素RGBセンサー、4K撮影可能、ライカブランド
前面カメラ
通信 802.11 a/b/g/n/ac、BTv4.2+ LE
サイズ 152 x 75 x 7.5 mm
重さ 169g
ネットワーク 不明
LTE通信速度 Cat.12(下り最大600Mbps)
バッテリー容量&持ち時間 4000mAh
ポート USBType-C
SIM デュアルSIM
DSDS(デュアルスタンドバイ) 不明
LTEプラチナバンド対応状況(山間部・郊外など田舎でも繋がる) 不明
3GドコモFOMAプラス対応(田舎でも繋がる) 不明
ジャイロスコープ(ポケモンGOに必須) 不明
価格 4GB+64GB:4699人民元:約7.47万円

6GB+128GB:5299人民元:約8.4万円

⑨:16万円のMate 9 ポルシェデザインも発売

mate_9_porche

・ポルシェデザインは16万円

高級車でおなじみの「ポルシェ」をあしらった”PORSCHE DESIGN”が登場。

基本仕様はMate 9と同じだが、5.5インチ有機EL、両サイド湾曲デザイン、そして本体価格16万円の高さ!などがその特徴

・Mate 9 ”PORSCHE DESIGN”のスペック

OS Android 7.0 Nougat (EMUI 5.0)
CPU Kirin960オクタコア (Cortex-A73 2.4GHz + A53 1.8GHz)
GPU Mali-G71 MP8
メモリ 6GB
画面 5.5インチ有機EL、両面エッジカーブデザイン。解像度2560×1440
SDカード microSDカード対応
容量 256GB
カメラ 2000万画素モノクロセンサー+1200万画素RGBセンサー、4K撮影可能、ライカブランド
前面カメラ
通信 802.11 a/b/g/n/ac、BTv4.2+ LE
サイズ 152 x 75 x 7.5 mm
重さ 169g
ネットワーク 不明
LTE通信速度 Cat.12(下り最大600Mbps)
バッテリー容量&持ち時間 4000mAh
ポート USBType-C
SIM デュアルSIM
DSDS(デュアルスタンドバイ) 不明
LTEプラチナバンド対応状況(山間部・郊外など田舎でも繋がる) 不明
3GドコモFOMAプラス対応(田舎でも繋がる) 不明
ジャイロスコープ(ポケモンGOに必須) 不明
価格 1395ユーロ(約16万円)

⑩:海外レビュー評判

ここが〇 ここが×
Kirin 960 による動作快適さ
高品質なユニボディデザイン
ステレオスピーカーの音の良さ

⑪:ベンチマークスコア。Antutu、Ice Storm Unlimited(デレステ等に必要な3D性能)など

今後追加予定

Antutu:総合性能 124,000
Geekbench 3:CPU性能
Ice Storm Unlimited:デレステ等に必要な3D性能 27,045
SunSpider:Web読み込み

参考文献:

「デジタルカメラ お客様サポート LUMIXデジタルカメラ講座 第15回」パナソニック社ホームページ

「Photoshop Elements ヘルプ / 色かぶりの補正」adobe社ホームページ

DXOMARK ”Mate 9 camera review: A big step up for Huawei

Huawei Mate 9, PORSCHE DESIGN Huawei Mate 9

スポンサーリンク