Smartisan M1/Smartisan M1Lまとめ。Snapdragon821&プラチナバンド&DSDS&メモリ6GBで4.9万円

スポンサーリンク

Smartisan M1/Smartisan M1Lまとめ

smartisan-m1l

中国の新規メーカーSmartisan (スマーティザン) は、フラグシップスマートフォン「Smartisan M1」 「Smartisan M1L」を発表しました。Snapdragon821/メモリ6GBを搭載した最も高いモデルでも約4.5万円と、コストパフォーマンスに優れたデバイスとなっています。

なお同社は新規メーカーながらすでに日本参入を果たしており、本機も日本でも発売されるかもしれません。

・スペック

モデル Smartisan M1 Smartisan M1L
OS Android (Smartisan OS 3.0)
画面 5.15インチJDI製 5.7インチシャープ製
解像度 1920×1080 2560×1440
画面密度 428ppi 515ppi
コントラスト比 1:1500 1:1500
NTSC色域 95% 95%
チップセット Snapdragon 821 MSM8996 2.35GHz クアッドコア
RAM 4GB 4GB/6GB
容量 32GB 32GB/64GB
メインカメラ SONY製IMX318センサー2300万画素、f2.0光学式手ブレ補正 電子式手ブレ補正 コントラストオートフォーカス レーザーオートフォーカス PDAF
前カメラ 400万画素、F2.0
重量 146g 175g
サイズmm 149.36×71.75

x 8.22

159.66×78.96

×8.32

バッテリー 3050mAh、QuickCharge3.0 4080mAh、QuickCharge3.0
Wi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac
対応周波数 LTE:FDD-LTE
B1/2/3/4/7/8/9/12/17/18/19/20/26/28LTE:TD-LTE
B38/39/40/41

3G:W-CDMA
1/2/4/5/6/8/9/
19

3G:CDMA2000
BC0/BC1

3G:TD-SCDMA
34/39

GSM
850MHz/900MHz/
1800MHz/1900MHz

山間部や郊外も強いB19/18対応か ○(B19はドコモ、B18はauのプラチナバンド)
デュアルスタンバイ
2xキャリアアグリゲーション
ポート USB Type-C
Bluetooth v4.1
カラー ホワイト、コーヒー ホワイト、マット、コーヒー
ジャイロスコープ(ポケモンGOで重要)

価格:

・Smartisan M1:2,499元 (約37,000円)

・Smartisan M1L RAM 4GB/ROM 32GB:2,799元 (約42,000円)

・Smartisan M1L RAM 4GB/ROM 64GB:2,999元(約44,500円)

・Smartisan M1L RAM 6GB/ROM 64GB:2,999元(約49,000円)

【特徴】

・B18&19のプラチナバンドに対応し、田舎でもよくつながる

両機種ともにB18&19のプラチナバンドに対応し、山間部や公害でもよくつながる仕様

・NTTドコモのバンド帯の説明

メインはバンド1、次いでバンド19なので、ドコモ対応の格安SIMを選ぶ場合は両バンドに対応した機種を選びたいところ

周波数帯 説明
B1 2.1GHz帯 メインバンド。下り最大37.5〜112.5Mbps。カバー範囲は全国
B3 1.7GHz 下り最大150Mbps。東京、大阪、名古屋のみ。
B19 800MHz帯 下り最大75Mbps。郊外や山間部で使用。遮断物に強く、建物の中にも届きやすい。いわゆるプラチナバンド
B21 1.5GHz帯 下り最大112.5Mbps。北海道、東北、四国、北陸。
B28 700MHz帯 15年1月より使用。都市部。いわゆるプラチナバンド

・auのバンド帯の説明

auはドコモと異なり、各バンド帯ごとでのエリアの公表をしていないのが難点。ただメインはバンド18

周波数帯 説明
B1 2.1GHz帯 通常エリア:下り最大37.5〜50Mbps。
CA対応エリア:下り最大150Mbps。
B11 1.5GHz帯 下り最大 75Mbps。エリア狭らしい
B18 800MHz帯 下り最大37.5〜150Mbps。auのメイン周波数帯。建物内も強いプラチナバンド。
B26 800MHz帯
B28 700MHz帯 15年から利用開始。プラチナバンド。

・Snapdragon821を搭載しながら最安モデル3.5万円から

最新Snapdragon821を搭載して、最も高いモデルでも5万円以下というコストパフォーマンスの良さ

・デュアルスタンバイに対応

smartisan

・シャープ製&ジャパンディスプレイ製パネルを採用

Smartisan M1はJDI製、Smartisan M1Lはシャープ製ディスプレイを採用。共にコントラスト比1:1500の高画質パネル

・動画

スポンサーリンク

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)