「妖怪ウォッチ」のレベル5、ニンテンドースイッチのソフト開発に意欲

スポンサーリンク

「妖怪ウォッチ」のレベル5、ニンテンドースイッチのソフト開発に意欲

Nintendo Switchで発売予定のマリオSwitchの開発が遅れているというリーク情報

「妖怪ウォッチ」「イナズマイレブン」などでおなじみの博多のゲームメーカー・レベル5ですが、同社は現在、NintendoSwitch(ニンテンドースイッチ)用ソフトの開発を検討中であるとのことです。

これは海外のゲームサイト「VANDAL」とのインタビューにレベル5の日野晃博社長が答えて明らかにしたもの。

インタビューによれば、

「レベル5はニンテンドースイッチのソフトを開発する。だが、ゲーム機の特徴を最大限把握し生かすことが重要だ」

とのこと。

これまでも任天堂のゲーム機では必ずソフトをいリリースしてきたレベル5だけに、NintendoSwitchでもソフトを開発することは確実なようですが、文面から察するに、まだ本格的な開発には取り組んでいないのかもしれません。

先日発表されたNintendoSwitch参入サードパーティ一覧には、レベル5の名前も見かけることができました。

[gematsu.comVandal.net]

スポンサーリンク

フォローする

コメントの入力は終了しました。