【良ゲーレビュー】RTS『モバイルストライク』。CMとは中身が違うけど長ーく遊べる。80点

スポンサーリンク

【良ゲーレビュー】長くプレイできる面白さ。RTS『モバイルストライク』。80点

面白いゲーム・ゲームアプリを紹介しレビューする本コーナー、今回紹介するのはストラテジーゲーム『モバイルストライク』

シュワちゃんこと、ハリウッドスターのアーノルド・シュワルツネッガーがCMに出ているあのアプリです。

iPhone&Android版⇓

【ここが〇×&レビュースコア】

レビュースコア:80/100点

(プレイ時間:10時間、プレイ機種:Xperia Z5)

ここが〇

・長ーく遊び続けることができる

・アクション性がいらないので、ほかのゲームはニガテな人でもできる

ここが×

・CMとは内容が違う

【モバイルストライクのすすめかた】

本作『モバイル ストライク』は次のような感じでゲームを進めていきます。

①:自分の基地内にさまざまな施設を建て強化!

②:研究・兵力増強などにより自軍の兵士を育てる。

③:敵の陣地に攻め入り攻撃!

順に追っていきましょう!

①:施設の強化

まずはこれ。多くのストラテジーゲームと同じく、本作『モバイルストライク』においても、ゲームを始めるとミッション形式で、「司令本部」「防壁」「銀行」「研究施設」「工場」などなど、さまざまな施設の建築や強化を行うことになります。

mobile_strike-10

指示の多さにわずらわしさを感じないでもないですが、このアドバイスに従っていけば、自然と施設建築のコツがつかめ、ゲームの全体図が見えてきます。

また各施設を強化していくためには、それぞれの強化条件があります。例えば下の画像の施設の場合、訓練場のレベルが3に達してないため、施設強化ができません。同様に、訓練場もほかの施設のレベルを上げていないとレベル3にはできないという流れ。

施設には資金もかかるので、限られた資金の下、とにかく計画的なカシコイ施設建築が求められます。

mobile_strike-15

②:研究や兵力の増強で自軍を強化する

施設の強化がある程度整ったら次に行うのが自軍の強化。

例えば経済や戦闘、「トラップ」や「司令官」などの項目で各戦略を研究し、自軍を戦略面で強化していきます。

また軍そのものを増強することもできます。このように知的戦略面、純粋な兵力面など様々な方向から自軍を強くしていきます。

[wc_row][wc_column size=”one-half” position=”first”]

mobile_strike-9

[/wc_column][wc_column size=”one-half” position=”last”]

mobile_strike-8

[/wc_column][/wc_row]

mobile_strike-4

③:敵国に攻め入り攻撃!

さて施設強化や軍の強化により、いよいよ自軍が強くなってきたら行うのが敵国への襲撃です。

兵士を割り当て、他国をフルボッコに。

それが終わったら、また施設強化。このエンドレスループにより、長く遊べる作品となっています。

mobile_strike-11

mobile_strike-16

【ゲームの良いところ・悪いところ】

ここが〇

・長く遊べる

①施設強化⇒②研究・自軍強化⇒③侵攻⇒また①にもどるというゲームの流れの中で、やれることが多く、いつまでもやろうと思えばプレイし続けることが可能です。

・アクション性がいらず、ゲームの下手な人でもプレイできる

反射神経が重要なアクションゲームの要素は本作にはありません。そのため、ゲーム画面はちょっと派手さが欠ける面はありませんが、その分、誰でもプレイすることができます。

ここが×

・CMとは内容が違うので注意

アクション系ハリウッドスター、アーノルド・シュワルツェネッガーをイメージキャラクターにしているだけあって、TVCMではアクション満載のド派手な印象を受けますが、このゲームはむしろ映画で言えばドイツ映画、野球で言えば2番バッターみたいな、コツコツ地味なゲームです。

でもそのいぶし銀な感じが、ハマる人にはハマる。そんなゲームです。

【ゲームダウンロード】

iPhone&Android版⇓

Twiiterフォロー
スポンサーリンク
関連ページ

フォローする

スポンサーリンク