8GBモデルのXperiaを買ったら空き容量が1GBしか無かった!

スポンサーリンク

最新のXperia機種を買ったら・・・?

海外でのお話。最近ソニーが発売したとある新型Xperiaが、8GBストレージを謳う製品にもかかわらず、実際に空き容量として使えるのは1.26GBだけだったとして話題になっています。

今年2月に発表され、この春から順次海外で発売されている「Xperia M4 Aqua」は ディスプレイに5 インチ 1,280 × 720 ピクセル、プロセッサにSnapdragon 615 MSM8939 1.5GHz といったスペックを持つミッドレンジクラスの スマートフォン。ストレージ8GBと16GBの2機種のモデルが用意されています。

ところがこのXperia M4 Aqua、8GBモデルでは空き容量が最初から1.26GBしかなかったとのこと。

端末が購入時からプレインストールされたアプリなどで占められ、実際に使える容量が少なくなるとともに端末それ自体の動作が重くなり迷惑する、ということはAndroid機ではよくあることですが、このXperia M4 Aquaではシステム部だけで4GBを占めており(下の画像)、プレインストールアプリだけの問題だけではないことがわかります。加えて、プレインストールアプリの中にはSDカードに移すことも出来ないものもあるそうで、全くもって、ニッチもサッチもいかなくなっています。

d3cd69c5388d352debabdfaac09a2e9f-e1433749076966

メーカー側としてはSDカードを使うか、あるいは16GBモデルを買って欲しいということなのかもしれませんが、そういったユーザーの期待を裏切るようなことをしていると、メーカーへの信頼が失われていくのではないでしょうか。

[via:xperia blog]

Twiiterフォロー
スポンサーリンク
関連ページ

フォローする

スポンサーリンク